生活〜namakatsu

 
 

面倒くさっ

  1. 14:12:56
約1週間前、先週の15日の夕刻にKDDIの営業の方が来た話の後日談です。
目的は「auひかりプラン」への切り替えでした。
「この辺りを回っておりまして、お客様のひかり電話をauに切り替えていただくと、通信費がお安くなり、しかも、回線状況が良くなります」という触れ込みでした。KDDIから来ているような話で始まりましたが、埼玉エリアを担当しているという委託会社から来ているらしく、契約変更のやり取りも変更までの流れの説明も流暢に進めていきました。

「工事は、好評につき混んでいるため、来月の10日」という日程を告げ、帰っていきました。その後、18日には、プロバイダーから「プラン変更のお申し込みを受け付けました」とのメールが届き、20日には、「申込内容確認書」というタイトルの書かれた郵送物も届きました。

ところが、先ほど突然携帯電話が鳴りました。
発信者はKDDIを名乗っておりました。
彼女が話すところによりますと、「私の住むこの地域にケーブルが通っておらず、その工事日程が未定とのことで、所定の期日での変更が不可能となりました」との事でした。
「つきましては、時期が確定次第、もしくは、一か月ごとに経過状況をご連絡していただく形で宜しいでしょうか」との事でした。

半ば、なんだよ営業した時と話が違うのかと感じながらも、今のところ、現況のままでも差支えないことから、その申し出を快諾しました。
ただ、一点、プロバイダーへの同内容の説明はどうなるんだろうと思い、「連絡を入れていただけるんですよね」と尋ねました。
というのも、すでにプロバイダーは、プラン変更する算段で、ユーザーである私にメールや郵送をしてきていると思ったからです。

私からは別にプロバイダーに伝えていないので、KDDIが不確定の段階で流した情報に伴い、プロバイダーが起こしたアクションについての訂正をするのは、KDDIの責任範疇と考えたからです。さらに、先の予定も立っていないわけで、それをユーザーである私から伝えるのは、無茶な話だと考えたからです。

ところが、電話をしてきたKDDIのオペレーターはまるで踵を返すように、この私からの要求に対し、拒絶しようとしてきました。プロバイダーからのご連絡は、私の方からしろという要求をしてきたのです。これには、納得がいかないので、再度経緯の説明をしました。
それでも、プロバイダーとの契約はユーザーである私とプロバイダーとの事なのでと、突っぱねようとしてきました。

私は「未確定の段階で、プロバイダーに誤った情報を流しているのですから、その訂正はKDDIからするべきで、百歩譲っても、先の予定すらわからないユーザーが、プロバイダーに説明できるわけがないでしょう」と申し上げました。

さらに「営業が話した内容とこの電話で話された内容、日程面の変更があっても、それは了解できますが、ユーザーのオペレーションが最初に説明されていたことと異なるのには、納得がいきません。KDDIの中での行き違いは、御社内で解決してください、私に要求するのはやめてください」と申し上げました。

このやり取りが、約15分ほど続き、私もこのオペレーターじゃらちが明かないと感じたので「貴方の上長に代わっていただけないですか」と申し上げました。すると、オペレーターは「上司と相談します」と、電話を保留されました。

再度、私の要求している「プロバイダーへの訂正連絡」を申し上げ、それを受けさせ、オペレーターが発した言葉が、「何かご不明な点はございませんか」ときました。あっけにとられつつ「こんな簡単な要求でさえ、こんなにやり取りに時間がかかるなんて、今後が実に心配です」と。
オペレーターは「大変に申し訳ございません」と、感情の全く感じられない定型句を言って、電話を切りました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

再納品

  1. 08:29:47
今週はちょっとだけ梅雨の晴れ間がありました。
先週の11日土曜に修理に出した新ノートパソコン、DVDドライブの故障が判明しました。結果、新品に交換されることになりました。今日の午前中にも新品が再納品されます。

不具合の発覚が早かったことで、あまり大事にならず、メーカーの確認の元、心配のないものに交換していただけると考えれば、むしろラッキーだったのかもしれません。

メモリーの増設は、メーカーの方でしていただけるとのことでしたが、液晶保護シールは、無駄になってしまいました。それを直ちに注文し、その納品を待っていたところ、昨日、光通信に関するauの営業の方が見えられました。

私が加入しているプロバイダーにも対応しているとのことで、通信費の引き下げ、そして、無線設定などの無償サービス、回線スピードもよくなるとのことで、切り替えることにしました。

若干のトラブルに見舞われましたが、結果オーライな感じになっています。
納品されたら、またメールからコツコツと処理しなければ…。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

前のPCを使いつつ

  1. 23:40:40
新ノートパソコンは、明日の午前中の回収となりました。
すでに昨日のうちにバックアップと梱包を済ませているので、前のノートパソコンを使っています。
そんな中、ノートパソコンの熱暴走対策のために注文していたサンワサプライのNOTE COOLER PADが納品されました。実はこれまでも使っていたのですが、今度のパソコンは15.6インチワイドとでかく、またちょっとした振動で、「HDDを安全な場所に退避させます」とメッセージが出るので、大きめで平らなものを買うことにしたのです。

これまでのは、エレコムの「冷え冷えクーラー」というもので、冷却性能はあまり芳しくはなかったのですが、無いよりはましというレベルのものでした。
しかも、PCの後部をちょこんとだけ載せる形式のため、サイズがでかいのには、バランスが悪かったのです。しかもプラスチック製です。

今回のはサンワサプライのTK-CLN7ULSVといい、PCの底が全部載せられる形です。これなら安定性もあり、しかも冷却パワーは段違いでした。音も私は気になりません。熱暴走してしまうことに比べたら、全くの許容範囲です。
アルミ製ひんやり感があり滑り止めのゴムが効果的に配備されています。

また、レジストリーのチェックをして修復してくれ、しかもネットでの評判もよさそうなフリーウェアのソフトがあったので、それを入れました。レジストリークリーナーというものです。レジストリのエラーチェックをされると毎回予想以上の数のエラーがあり、それに対し、修復したいなら、有料のサービスに入るよう促されるものが多いのですが、こちらは一切請求されません。ヘルプを見ても初心者は、ここだけやれば十分ですという良心的なコメントまでありました。

また、以前、バイオの時に買っていたPC版のテプラみたいなプリンター、ブラザーのP-touch1500pcがありましたので、久しぶりに接続し、使うこととしました。ファイルの背表紙に貼るラベルなどの印刷がラクラクにできます。テープの在庫も結構あるので、コツコツこれを刷ろうかと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

怖いソフトに注意しましょう

  1. 18:31:30
新ノートPC、結局、修理してもらえそうです。
すでに梱包もバックアップも済ませ、待機中です。
そこでスクランブルのように元のPCを立ち上げました。
ところがこちらのパソコンの辞書がやられていました。

この連鎖、ひょっとすると、同じアプリが原因しているような気がしてきました。思い当たるのは、最近使い始めたものです。
あえてここでは書かずに置きますが、過去の記事を見れば、お察しいただけると思います。

皆さんも気をつけてください。
このアプリは、ノートンなどのセキュリティ管理をしていても、インストールされると、自動的にツールバーなどを入れてしまい、その無用なツールバーは、アンインストールできないというトラップがあります。実におっかないソフトなのです。

その関係か、グーグルのツールバーもやられてしまいました。
グーグルのツールバーをやられると、IEが立ち上がらなくなります。仕方なくグーグルのツールバーをアンインストールし、何とか、IEを立ち上げ、辞書もIME2010を入れ直しました。
この方法でしか、復旧は不可でした。

もしかすると、まだまだ発覚していないトラップが隠れているかもしれませんが、二度とそのアプリは使わないこととします。
レジストリを修復するふりをして、めちゃくちゃにしてしまい、それ専用のアプリを買わせようとする戦略なのかもしれません。マッチポンプのようなソフトに要注意です。
実に怖いソフトです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

新規のノートパソコンが

  1. 16:18:28
先日購入したノートパソコン、東芝のdynabook T551/58BWが不具合の連続です。
前に使用していた同じ東芝の dynabook CX/3216LDSWと同じ環境にしようとしているだけなのですが、メディアを認識しない不具合が出ています。
お問い合わせをしているのですが、メールでのやり取りは、こちらから状況を知らせると、半日後に指示が来て、それを実行しても改善されず、またお問い合わせをし、そのあとの指示を再び実行しましたが、それでも改善しません。

指示は、iTunesやAdobeなどのアプリをアンインストールしてみてくれというものでした。指示通りにしましたが、改善されません。状況は最悪です。
最初はリカバリディスクを作成しようとしただけなのに、今ではバックアップも取れず、CDとしての認識もしません。入れて使いたいソフトは使えず、指示は、常に一方通行な感じで。
パソコン、外したかもしれません。

少なくとも東芝のサポートに誠意を感じなくなってきました。
今後どう対処してくれるのか、まだ買って一週間足らずなのに。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved