生活〜namakatsu

 
 

交換で楽しみ増える

  1. 06:47:29
春は好天が続きませんね。
穏かな日が2日あると、また冷え込み、そして、雨。
天気の日には、ポタリングして、写真撮影をするのが、桜の時期から続いています。そして、そんな写真をフォト蔵にアップし、みなさんの評価をいただくことも次の撮影の励みになっています。

写真を撮り始めたのは、行先のレパートリーや、この季節ならここのこれを撮ってみようという思いで、ポタリングを持続することが目的でもあります。
昨年、長年使ってきたデジカメからミラーレスカメラに替えたことで、写真撮影の楽しみやもっとこういうものを撮ってみたいという新たな欲求が出てきました。

最初こそ、ダブルズームレンズだけで満足していたのですが、徐々に撮りたいもののバリエーションが増えてきました。
夜景を綺麗に撮るのにはとか、青空を綺麗に撮るのにはとか、動きの速いものの撮りたい瞬間を逃さないようにするのにはとか、撮影後未処理でアップしたいとか、欲求にはキリが有りません。

フィルターを装着したり、レンズのバリエーションを増やしたりすることで、実力が未熟でもこれらの欲求の解消をすることができると知りました。

フィルターの種類とそのバリエーションについては、下記リンクを貼りました記事などを参考に読まれると、良く解ると思われます。

http://tenma0pic.blog68.fc2.com/blog-entry-7.html

http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/filter/kaneko/index.html

夜景は、クロスレンズフィルターを使うことで、メルヘンチックな光を演出できます。しかも手持ちで綺麗に撮影できました。
その作品は、かまくら祭りの記事にアップしています。

私の一番お薦めのフィルターは、PLフィルターと呼ばれるものです。
色合いがリアルになります。
撮影してみると、思ったよりも空が綺麗にならないとか、空を綺麗に撮ろうとすると、周りが暗くなってしまうとか、露出設定に苦慮します。
フィルターはそんな悩みの解消の一助になります。
私の場合、レンズ交換をするときに、フィルターも交換後のレンズにつける作業を必ずします。面倒に思われるかも知れませんが、一度、その効用を体験すると、苦にはならないものです。
それで撮影タイミングを失ったとしても、それは仕方ないと考えられるくらいになりました。

また、水辺に行くとNDフィルターと言うのも便利なものです。
反射光量をおさえることができるので、スローシャッターにして川や滝などの水の流れを写すのも楽しいものです。

ズームレンズは購入時に一緒に購入していても、一代前のデジカメのように、単焦点レンズを使ってみたいとか、マクロ撮影をしてみたいと言う願望も生まれました。

私が愛用しているNIKON 1 V1の場合、ダブルズームレンズ付きを購入しますと、以下の2本のレンズがセットになっています。

1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6
1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
Nikon1V1 001

これらは便利なものなのですが、ボケた感じを出したいとか、もっと暗い場所でもフラッシュを使用せずに撮りたいとか、欲求が出てきます。

そして、単焦点レンズとして、1 NIKKOR 18.5mm f/1.8を買い求めることにしました。
Nikon1V1 002

さらにマクロレンズも欲しくなりました。V1の場合、Fマウントと言うのを装着することで、装着できるレンズの種類が増えます。

TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 ニコン用 AFモーター内蔵 272ENIIを購入することにして、Fマウントも一緒に購入しました。
Nikon1V1 003Nikon1V1 004

これらにより、フェンス越しのネコの様子も撮影できるようになりました。
マクロ撮影で花の撮影も増えました。
作品例を掲載します。

20130404_016
20130404_016 posted by (C)sumomojam

20130405_003
20130405_003 posted by (C)sumomojam

20130405_120
20130405_120 posted by (C)sumomojam

20130409_169
20130409_169 posted by (C)sumomojam

20130409_128
20130409_128 posted by (C)sumomojam

20130409_092
20130409_092 posted by (C)sumomojam

20130409_029
20130409_029 posted by (C)sumomojam

20130405_111
20130405_111 posted by (C)sumomojam

20130405_114
20130405_114 posted by (C)sumomojam

水仙、タンポポのタネ、シウリザクラやハルジオン、チューリップ、ドウダンツツジ、ニャンコたち、良い感じでしょ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

FMトランスミッター

  1. 06:36:35
春一番もひな祭りも終わり、花粉症は猛威を振るい続けています。
テレビでは、WBCを連戦観てますし、明後日の6日のキューバ戦も楽しみにしています。
初戦の井端も二戦目の内川、糸井も良い仕事をしているなと感じます。
常に3連覇というプレッシャーをテレビでは解説者も言い続けていますが、んじゃ、お前さん監督とかコーチとか受ける気はあるんかいと言いたくなります。
まあ、ノムさんはやる気は満々のようですが、それ以外は解説で言うだけ、身勝手なもんです。

さて、週末に弟が実家に帰ってきました。
でもいつも通り泊まる訳ではなく、一時帰宅って奴です。
いつものようにツマミと酎ハイなどを持参して、一家三人で語らうのです。
そんな弟が持っている携帯が、i-phone。
弟は、バージョン4と5を持っておりまして、前のバージョンのものを音楽聴くのに使ってと、持って来てくれたのです。
父も私もガラパゴス携帯保有者なので、i-phoneは弟のを見るだけでした。
そして、そんな話を昨年暮れにしていたところ、今月持って来てくれました。

今回は、それを父が乗るマイカーに搭載し、演歌や懐メロでも聴いてもらうべく、まずはiTunesで選曲をしまして、それを転送するところから、FMトランスミッターを購入し、無事に聴けるようになるまでの軽い奮闘記を書いてみます。

1、選曲

元々appleのi-podを所有しているので、iTunesはPCに入っています。
そして趣味のCD収拾よりMP3に変換済の曲も36000曲以上になっています。
その中から、演歌、懐メロ関係をチョイスしまして、ダブルもの、アレンジのできるだけオリジナルのものを選曲しました。すると、535曲。

2、転送

iphoneを初めて触るので、まずはPCに接続してみました。
すると、新しいOSを入れるかと訊いてくるので、最新に更新したれと思い、YESとしました。
数分後、iTunesとiphneが勝手に立ち上がり、iphoneには訳解んない画面が出てきました。まずは訳解んない画面のiphoneを何とかしないとと思いましたが、画面に触るのも初めてなので、ここで四苦八苦。
画面下に、色んな言語が出てきている中「設定」という文字が見えました。
どうやら初期化状態なんだなと察知した私は、それをクリックしようと画面タッチしました。
「設定」と表示されたタイミングで画面をタッチしますが、巧い事反応しません。外国語で設定することになったら大変だと、四苦八苦していたところ、設定画面にすることができ、それはどの言語が表示されていようと関係なかったようです。
すでにこのiphoneには電話番号はないので、設定で通信を無効にしてます。
色々聴かれるままに答えていくと、ようやく画面は通常のアイコン羅列状態になりました。

アイコン沢山ある中、iTunes(紫アイコン)とミュージック(オレンジアイコン)だろうと見当がつきました。
iTunesを起動すると、ダイアログが出てきました。
「iTunes Storeに接続できません」→「OK」
出来る訳なかろうにと思いながら、OKをタッチしました。
真っ白です。
下部のセンターボタンを押し、アイコン羅列画面に戻しました。

そして次にミュージックアイコンをタッチしました。
「データは有りません」
だろうね、まだ未転送だもんと思いながら、PCの方で転送しようとします。

すると、PC側のiTunesでは、iphoneを認識していません。
これじゃ、転送できないじゃん。
ここまでの苦労はどうなるのと思いながら、ネットでiphoneのマニュアルを捜しました。何とか見つけますと、設定画面の中にあるiCloudを設定しないとダメなようでした。

iCloud画面を開くと、Apple IDとパスワードを入れ、サインインする必要があるようです。iPodのを入れればいいのかと考え入れてみましたが、通信できないのですから、サインインできるわけが有りません。
困ったなと思ってましたら、PCのiTunesの方でiPhoneの設定を聴いて来てました。ダメもとで認識させると、バックアップを求められ、それも受け入れました。そして、ようやくiPhoneが認識されたのです。

iTunesのバージョンアップは、OfficeやOSなどと同様、時に前のあの処理はどうするんだと言うことに出くわします。
iTunesもすっかりデザインが変わり、今のバージョンのは使いづらいです。
「iPhone▲」みたいなアイコンが有るのですが、何かこれを押すとイジェクトされるようで恐々、できるだけ左側を押すと、iPod同様に転送するものの選択が出来る画面が出ました。
そして漸く音楽の転送が始まりました。

数分後、iPhoneの方に転送が済んで、iPod的な画面がミュージックアイコンをクリックしたもので表示されるようになりました。

ここまでで夜が明けました。
確定申告処理は放置中です。

3、父に操作説明

パソコンも使ったことのない、ガラ携でメールを打つこともできない父に起動と終わらせ方をマスターして貰わないと、車に乗る際に聴くことが出来ないので、それを覚えさせます。
私が、勘で覚えた操作方法を教えるのです。
父は私以上に画面タッチが下手です。
また、iPhoneは起動が予想以上に遅く戸惑いました。
父は、タッチするつもりですが、アイコンを移動してしまったり、操作の時間切れで、画面が真っ暗になって、下部にロック解除のボタンが表示されたりと大変です。
ロック解除のボタンが左から右に動かさなきゃならんとか、画面タッチの初心者にはハードルが高いですね。

何とか、音楽起動から終了までを手取り足取り教え、これを車で聴けるようにしようと持ちかけ、FMトランスミッターを購入に行くことにしました。

4、お買いもの

ヤマダ電機 テックランド春日部本店で以前、FMトランスミッターを見かけていた私は、父にそこに向かうよう、促しました。
確かそれを見かけたのは、昨年の秋の事、iPodのスピーカーを捜していた頃でした。
あれっ、すっかり展示場所の様子が一変している?!
そう思うな否や、でも、恐らくは携帯のコーナー、ないしはiPodのコーナーに有る筈と思いながら、店内を回りました。
店内の仕切りと、上に垂れ下がるコーナーの展示物の紹介を目印に「FMトランスミッター」という展示場所を見つけました。

…あれっ、ない。
そこに展示されていたのは、充電器や携帯のケースなどで、目当てのFMトランスミッターが一台も有りません。
何で?!と思いながら、店内を捜します。

父はどんなんだい?って訊いてきますが、教えるのは無理だと思い、いいからと言って、放置しました。
お店の人に訊いたらどうだ?と言ってきますので、やむなく店員に声をかけ尋ねると、戸惑う店員。
どうやら正社員ではなく助っ人のようで、半纏の色が違いました。
「お店の人に訊いてみます」
そう言うので「あなたも私からすればお店の人だ」なんて突っ込みをせずに、「そうしてください」と言うと、別の色の半纏の人に訊いてました。
その店員も一緒に捜すと、携帯のコーナーには見当たらないことが判明しました。つまり誰が捜しても無いんです。


「「iPod」のコーナーにないかな?」
って言うと

「そうですね、見てみましょう」とコーナーに引率してくれました。


そのコーナーはとても狭く、すぐにモノがないと確認できました。
「前には沢山あったよね」
話しかけると
「そうなんです…」
「実は、iphone5」が出てコネクター形状が変更になった為…」

そういえば、すっかり変わったんだっけと思い出した私です。
appleって、ユーザーの事考えず、情報漏洩防ぎたくって、メーカーにも互換機作るタイミングが遅くなるって話だったと、WBS観てて知らされました。

どうやらそんなどさくさで、FMトランスミッターが置かれなくなったらしい。

春日部の場合、一番大きな電気屋さんがここだったので、次は何処に行こうかと考えた挙句、ダメもとでコジマ電機に行くかと言うことになりました。
そう遠くありませんが、コジマはヤマダに比べ、売り場が狭く期待薄でした。

到着すると、コジマは、1Fが駐車スペース、2Fがテレビなどの家電、携帯関係は3Fです。上の階に一番売れるものを展示し、客に店をくまなく見て貰おうという戦略なのでしょうが、実に面倒くさいです。

もしここになかったら、次はヤマダ電機 テックランド岩槻店に向かうことを父と話しながら、3Fまで上がりました。
エスカレーターからそれらしい場所をみつけ、陳列されている場所を見ると、何と置いてました。しかも数種類。

有線のもの、無線のもの、形状もいろいろありましたが、選んだのは、ロジテックのLAT-FMiS07です。
FMトランスミッター_01
FMトランスミッター_02
FMトランスミッター_03

これを購入することにしました。
レジで、iPhoneを見せ、「これ大丈夫ですよね」と訊くと、レジの女性は男性店員に声をかけ、訊いてました。
男性店員が、「iPhone4対応だから大丈夫ですよ」と。

支払いを済ませ、車に戻るや否や、パッケージを開封し、シガレットケースに入れながら、本体にも装着してみる。
iPhoneは自動起動。
ところが装着したものは、写真の様なデジタル表示が出ない。

FMチューナーのダイヤルを自動チューニングされると書かれているので、AUTOを押すが、iPhoneの音楽が聴こえてこない。
アナログでダイヤルを76 - 90MHzから1目盛ずつずらしながら聴いてみる。
やはりどこからもしない。
パッケージの説明書きを見る。
良く解らない。
有線の充電は出来るのか確認してみる。
それは出来た。
ただ、音楽が聴こえない。
シガレットケースに挿すのは充電のみで、音楽を聴くだけなら本体に装着すればいいと言うことが解り始める。
が、何度やり直してもダメ。
家に戻り、iPodで試してみることにする。
iPodだと、デジタル表示がされた。
それが表示されれば、その数字にチューニングすれば音が聴こえた。

と言うことは、iPhoneの装着部分がダメなのか?

取り敢えず、夕飯を食べに外食に向かうこととした。
あとはロジテックのHPを見るしかないか。
そんなことを想いながら、夕飯と週一回の買い出しを済ませ帰宅する。

ロジテック、検索すると
http://www.logitec.co.jp/products/fm_trans/iphoneipad.php
http://www.logitec.co.jp/products/audio/latfmis07/index.php
を発見。

続いて
http://qa.elecom.co.jp/faq_list.html?category=154
を見ると、私のケースのQ&Aが有りません。

こうなると、iPhone本体のiPod Dockコネクタに問題が有りそうなので、ロジテックの製品の責任は無罪。

ここで、思考が停止してしまいました。

悔しいので、FMトランスミッターで検索してみると、AmazonのLAT-FMiS07のコメントを発見。
どうやら不評のようでした。特にiPhoneユーザーに不満が目立ちました。
おいおい、何かヤバいの買っちゃったか?!

ついでにAmazon内のFMトランスミッターでiphoneユーザーに比較的好評なのは何なんだろうと確認してみようと思いました。
すると、筆頭に見えた商品が、J-Force Bluetooth FMトランスミッター ブラック JF-BTFM2K。

FMトランスミッター_04FMトランスミッター_05

そこで私の記憶がよみがえります。
Bluetooth

…たしか、弟がiPhoneで音楽を聴くのにヘッドホンに無線で聴くのに使ってたっけ。
そうか、下のDockコネクタを経由しなくっても送れるじゃん。
そして、同時に本体を置く場所がないことも、車中で実験したことで解りました。同時にこんなものも買っていますというAmazonの戦略に乗り、車載ホルダーも一緒に購入することにしました。

一口に車載ホルダーと言っても、フロントガラスを遮る様な置き方はしたくないので、お薦め商品を調べてみました。

車載ホルダー_01車載ホルダー_02車載ホルダー_03

こんな設置が出来るならフロントガラスは安泰な様です。
iPhoneユーザーにも好評なこれらの道具、一緒に購入することにしました。

あとは、きてのお楽しみですが、これで解決しなきゃ目も当てられません。
最初のトランスミッターが3,980円。

Amazon購入の2品は、
トランスミッターのJF-BTFM2Kが3,536円
車載ホルダー200-CAR012が、1980円
で〆て、5,516円。

1万円弱の出費です。

5、設置結果

FMトランスミッター、JF-BTFM2Kを設置してみました。
接続は大成功、しかも、最初に購入したものよりも音質もパワーも有り、走行中の雑音も一切なし。良い買い物をしました。
車載ホルダーも、安定性が有り、走行中の振動もiPhoneに支障なく扱える良品でした。
我が家のMarkXの場合、喫煙をしない父は、シガレットケースにiPhoneを入れてとか浅知恵を炸裂していましたが、走行中の震動の事を話すと、無言になりました。折角入れてあげた曲を誤動作でサクってしまったりと、心配の種は尽きませんが、ドライブ好きの父には良い環境を作ってあげられました。

6、結論

一寸前までは買い物をネットでする理由は、店舗に行かなくて良い、配送して貰えるなどの利便性が第一で、さらに店頭よりも安いとか、在庫の有無が購入時に確認できると言ったものでした。
だから、CDやDVDと言った何処で購入しても同じものなどの場合、ネット通販にシフトして行ったのです。

これだけは店頭で見てみないとの筆頭に上がるのが衣料品、装身具。
これは、身に着けて見ないと実際のサイズや着こなしが確認できないと言う理由によるものでした。

また家財や家電製品などの場合、店頭で見て良いものと確認できたら、ネットで安いところを捜し購入しています。

今回のFMトランスミッターの場合、品物が有る店舗を捜し、そこですぐ手に入ると言う点だけで購入してしまいました。
けれど、実際はその性能確認が大切なのです。しかし、店頭における店員さんたちの知識は、顧客と同様、製品パッケージに書かれたレベルしか説明不能な様です。こちらが期待する過去の顧客ユーザーの評判とかの知識は全くありません。ともすると、商品の在りどころさえ把握していないような、派遣社員ばかりなのも良く解りました。それどころか社員自体も自店の在庫状況を把握していなかったのです。平気でないものの垂れ幕などを残していること自体、家電製品における店頭販売の破たんを感じざるを得ません。

結局、ネット通販で、パッケージ記載以外の情報として、商品に関するユーザーの評判・コメントを確認後購入してもオーダー後、ほぼ半日で手に入ったのを考えますと、家電関係の商品は、店頭購入はリスキーなのかも知れません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

カメラ新調しました

  1. 00:32:42
5月の終わりから検討していたカメラの新調をしました。
結論としては、今回はミラーレスと言う選択にしました。
理由はやはり持ち歩きを考えるうえで、自転車移動の多い私にはミラーレスがベストな選択と言う結論になったためです。
このタイミングで決めた理由のひとつは、来月からバスツアー参加するので、その撮影に持参したいと考えたからです。

今回、検討した機種は、SonyのNEX−5N、NikonのNikon1V1、CanonのEOS Kiss X5でした。他にOLYMPUSのE−P3やFUJIFILMも検討しました。
予算は、ダブルズームレンズ付きで6万円以内としました。
この時点でFUJIFILMは候補から外れました。
一応店頭で全て触ってみました。
何回か店頭に行き持った感じで、ミラーレスに絞ることにしました。

最期の選考基準はやはり撮影された作品の嗜好です。
ネットにアップされているそれぞれの作品を見比べることにしました。
そして選んだのが、Nikon1V1です。

NIKON N1V1-WZ-BK [ダブルズームキット ブラック]・・・57,400 円
SANDISK SDSDX-064G-J35 [SDXCカード UHS-I 64GB CLASS10 Extreme]・・・9,749 円
Nikon Li-ion リチャージャブル[予備電池]・・・3,920円
Nikon ボディーケース CB-N1000・・・3,881円
Nikon スピードライト SB-N5・・・12,544円
Nikon レンズソフトケース CL-N・・・1,709円
i-Beansニコン 1 V1用カメラケース・・・2,180円
Nikon 40.5mm径ネジ込み式NCフィルター 40.5NC・・・2,496円
この他、マニュアル本2冊を含め、これで約10万円になります。

※ボディーケース CB-N1000は、持ち運び時にレンズ部分の保護が出来ないので、i-Beansニコン 1 V1用カメラケースを改めて購入することにしました。その際にレンズキャップも煩わしいと考え、ねじ込み式NCフィルターを購入することにしたのです。

今回、ズームは必需品でした。
一時はズーム機能の付いたコンデジを再検討することも有ったのです。
コンデジを購入して後悔するよりも、その上の機種を使ってみて後悔するならそれは仕方のないことと割り切ることにしたのです。
上を見ればきりはありませんが、初のNikonです。ちゃんと使いこなせるようにしたいと思います。

この時期に購入した理由のもう一つは、新機種が出るタイミングだからです。
少しは値段が安くなるようです。

暫くはテスト撮影です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

週末から本格検討中

  1. 23:57:58
午後、夕立があると予報されていましたが、私の住んでいる地域では、予想以上に早い午後2時台に雷雨が降り始めました。
ちょうどその頃、週末から検討し始めているカメラのパンフレットを貰いながら実物を確認しに行っておりました。
場所は、国道16号線沿いにあるヤマダ電機のテックランド春日部本店です。
私の住んでいるところからは、踏切を越えた反対側になります。

実は、どれを選ぼうか悩んでいます。
私はこれまでコンデジばかり使ってきました。

SONYのCyber-shot
CASIOのEX-Z40
FUJIFILMのFinePixF70EXR
RICOHのGR DIGITAL

,蓮電池消耗や画素不満を感じ買い換えました。
△蓮▲櫂織螢鵐庵罎僕遒箸靴討靴泙い泙靴拭
は、ズーム機能が良かったのですが、故障してしまいました。
い蓮√採錣焚菫が撮影できるのですが、ズームが出来ず、またAF機能も使いこなせず、撮影したものの約3分の1が満足できぬ出来になってしまい不満を抱いています。

い呂そらくマニアには自分ならではのアレンジも楽しめる楽しいカメラなのかも知れませんが、その瞬間を切り取りたいと考える場合、その感覚について行かせることが困難な玄人好みなカメラなのかも知れません。

撮影した後、PCで取り込んだ後、画面を拡大してみたときに、こんな筈じゃなかったという失望する出来のものが、多いと感じる頻度が徐々にストレスを溜めていきます。

今回新たなカメラを検討している理由は、AF機能が充実したものを考えています。そこからデジイチと呼ばれるデジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラとを比べております。

HPで検索してみると、フィルムカメラからデジタルカメラに変わったように、一眼レフからミラーレスに変わりつつあるような記載が目立ちます。ミラーレスは、軽く、携帯するのが楽であると書かれています。唯一一眼レフに劣ることは、AFスピードや連写機能であるとも書かれています。

ミラーレスを出しているメーカーもPanasonic、Olympus、Nikon、PENTAX、FUJIFILM、SONYなどがありました。
意外に一眼レフのここが堪りませんみたいな記事が見つかりません。

でも、フォト蔵などで撮影された写真を見る機会が多い私は良いなと思わせる写真の多くが一眼レフで撮られていることが多いことも知っています。一眼レフのランキングみたいなものを見ると、Canon、SONY、Nikon、PENTAXなどが出ていました。正直、読み物を見ても良く理解できません。

こういう時は、実物を見た方が良い、そして持った感じ、簡単な操作を体感しながら、パンフもついでに貰って来ようと考えました。そして、お店の人からの情報も参考になると考えたのです。

これまでのコンデジの買い物はみな本やネットで調べて選んだものでした。,呂箸發くとして、△鉢は良いカメラでした。△倭犧遒簡単でしたし持ち歩くのにも手軽でした。はそれまでにないズーム機能がとても重宝しました。ネコを被写体にし始めたのもこのズーム機能によるところが大きかったのです。

しかし、同じ買い方をしたい鮖箸辰心響曚蓮∩綾劼里茲Δ米睛討如△笋呂蠎楕を見て確認しないとダメだなという反省でした。中途半端なコンデジを買うならミラーレスにしておけば良かったと今では思っています。

カメラの買い方として、値段を調べやすいところで買うという方法は悪くないと思います。しかし、折角これだけ色々な種類が出ているのに、使用感を知らずに買うのは、やはり無理があったようです。

今使っているい鉾颪笋靴燭金が103,120円。これだけ出したら、ミラーレスで良いものが買えました。(笑)

さて、ミラーレスにしても一眼レフにしても、共通する特徴は用途別のレンズ交換です。そして、メーカーによって互換性が合ったりなかったりするらしく、Panasonic、Olympusは互換性があるということまでは確認できました。
また、一眼レフとミラーレスとでもメーカーが同じなら互換性があるということで、どちらかをすでに持っている場合には、既存のレンズを併用できるので、同じメーカーを選ぶ傾向にあるということまで確認できました。

さて、私の場合、これまでコンデジですから、そういう事でのメーカー選びの制約はありません。使いやすそうなもの、愛着がわきそうなものを選びたいのです。ファインダーをそれぞれ覗いてみました。
先ず、ミラーレスのNikon1 J1とV1を持ってみました。軽いです。今のコンデジと変わりません。次にSONYのNEX-5Nも持ってみました。こちらも軽いです。

店員さんとこれまでの経緯を話しました。
あいにくヤマダ電機のこの店舗にはFUJIFILMのX-Pro1は置いてありませんでしたが、パンフレットを貰ってきました。こちらもクラッシックなデザインで、しかもかつて使っていた機種に共通する部分も有り親しみやすそうです。
私についてきてくれた店員さんは、ミラーレス売り場の担当者でしたが、デジタル一眼も紹介していただくことにしました。

まず、最初に見せていただいたのが、CanonのEOS KISS X5です。
これファインダーを覗こうと持ってみたら、予想より軽いんです。
それにあゝこれがデジタル一眼レフの魅力なのかと思わせる、シャッター半押しによるAF力。これは、カメラを持ってファインダーを実際に覗いたものにしか味わえない最大の魅力でした。一気にデジタル一眼レフに傾きました。

続いてSONYのα33を手にとってみました。
EOSと比べ、若干重さを感じました。
それにシャッター半押しによるAFの確認法が異なり、好みとしてはEOSの方が写真を撮る楽しみがありそうだと感じました。ターゲットをロックする喜びがあると書いた方が解り易いかも知れません。これはあくまで主観ですが。

次に、NikonのD3300をと思いましたが、店舗にはD3100しかなく、これもEOSと同様、AFの仕方が格好良いカメラでした。すぐ隣に置いてあった上位機種D5100には、大きな望遠ズームレンズが装着され、こちらはさすがに携帯するのには辛いかなと感じました。製品的には素晴らしいのですが、用途的に持ち運びが困るようでは本末転倒になってしまいますから。

一応、その他、ミラーレスのPanasonic、Olympusのパンフレット、一眼レフのSONY α65、57、37、Canon EOS 60D、PENTAX K-5、K-rのパンフレットを貰ってきました。これから熟読です。

帰りは、午後3時前の土砂降りの雷雨の中、帰路につきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

カメラ新調、その後

  1. 01:35:40
昨夜は、単身で都内に住んでいる弟が月一回の日帰り日で、帰宅していました。父と三人でお酒を飲みながら、4時間近く歓談し、いつものように午後10時過ぎに見送りました。
帰って来る時は、楽しみなのですが、また、戻る時間になると、次に来るまでの事を思い、少し気が抜けてしまいます。

さて、本題に戻ります。先日、オーダーしていたもののうち、下記のものが揃いました。

 GR DIGITAL III
  ¥36,000-
 SDSDH-016G-J95 SDHCカード 16GB
  ¥5,386-
 RICOH 外部ファインダー GV-1
  ¥16,928-
 RICOH ネックストララップ ST-2
  ¥1,900-
 RICOH ワイドコンバージョンレンズ GW2
  ¥11,393-
 RICOH ソフトケース GC4
  ¥7,712-
 RICOH リチャジャブルバッテリー DB65
  ¥2,890-
 RICOH 外部TTLフラッシュ GF-1
  ¥ 20,055-
 Velbon アルミ 三脚 ULTREK 45L
  ¥ 21,280-
 HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39
  ¥ 1,580-

そして、現時点で納期情報が解っているものは、下記のものです。

(通常納期(1−2営業日内)での出荷予定)
 Kenko ハイテクレンズクロス19CM角 コーラル K-701157
  ¥ 441-
 HAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3M
  ¥ 1,751-

さらに、在庫がなく、取り寄せ中が、下記のものです。

(代理店側の在庫も完売となっておりお取り寄せにつき、未定)
 液晶プロテクター CX4/CX3/CX2/CX1/GR DIGITAL III用
  ¥856-
(お取り寄せにつき、未定)
 ハクバ シリコンブロアー(オレンジ) KMC-42CP-OR
  ¥ 760-

また、 RICOH ワイドコンバージョンレンズ GW2の利用には、RICOH フード&アダプター GH2が、必要だということが、解りました。
てっきり、どちらか一方の選択かと思いきや、変な売り方に感じました。

特に納期未定で取り寄せ中の中に、液晶プロテクターがありましたが、これは最初に液晶画面に貼り付けないと意味がありません。
本体購入先に在庫があって販売しているものと信じて、オーダーしたのですが、取り寄せ中で、予定がないというのには、正直憤りを覚えました。

「商品出荷完了のご案内」とタイトルが書かれたメールが、送付され、納品したものを確認すると商品が液晶プロテクターを除くものだけだったのです。メールの本文を見直すと、液晶プロテクターを含めた請求額が書かれ、添付された納品書にも液晶プロテクターと書かれていたのです。

てっきり、先方の確認ミスと思い、問い合わせをしようとすると、メールでしか受け付け対応が無く、翌日に届いたメールで初めて支払いが先であることがメールで回答されました。
そして、さらに4時間後、「ご注文商品の納期について」と書かれたメールが送付されました。

そこには、下記のように書かれておりました。(原文のまま)

ご注文時点では納期目安の方も記載をさせていただいていない状態とさせていただいておりましたがご注文商品について納期は少々お時間を頂戴する見込みでございます。

実に意味の解らない書き方の文章ですが、この回答では、液晶プロテクターの納品見込みが、現時点でついていないと読みとれます。つまり、それまでカメラの利用はできないと。

そこで、通販では、最も責任のある対応を取るとこれまでの実績から感じているアマゾンで確認してみました。

プロガードAF for RICOH CX5,4,3,2,1,- GR DIGITAL III - GXR 防指紋性保護光沢フィルム / DCDPF-PGRICX-AF
¥ 998

上記のような商品が、即納で取り扱われるということなので、二重購入は癪に障りますが、購入することに決めました。ちなみに、今回アマゾンで注文した商品は、他社委託のものを除き、全て24時間以内の配送でした。また、委託先のものも随時連絡が徹底されています。
アマゾンで選択した液晶保護シール、購入者の感想を読ませていただいても、非常に好印象で、このような消耗品はアマゾンが間違いないと、実感いたしました。
納期や使い勝手など、利用者にとって、ネット通販で購入させていただくことに関する不安感やニーズを考えているのは、アマゾンの様な気がします。

そんな訳で、下記二点、追加購入です。

 プロガードAF for RICOH CX5,4,3,2,1,- GR DIGITAL III - GXR 防指紋性保護光沢フィルム / DCDPF-PGRICX-AF
  ¥ 998

 RICOH フード&アダプター GH2
  ¥ 3,995

いずれも、今日中の納品になります。

リコーのマニュアルは、構成が少し読みづらい気がします。
また、附属されているソフトウェアについては、機能面を含め、富士フィルムのそれよりも、使い勝手は良い気がします。

シリコンブロアー以外、ある程度近々に商品も揃い、あとは新しいカメラを出来るだけ思うように使いこなせるようになるように、使用説明書を読み込み、テスト撮影をして行きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved