生活〜namakatsu

 
 

スカパー見始め2か月

  1. 07:50:17
「コンテンツ選び」の記事で書いた通り、スカパーを見始めてから約2か月が経過しました。当時、見始めたドラマやアニメは、らんま1/2を除きどれも終わりになりました。

有料の衛星放送を見始めて一番の収穫は、池波正太郎作品でした。
時代劇チャンネルだけと思いきや、実はホームドラマチャンネルやチャンネル銀河というところでも放映しています。

鬼平犯科帳は、BSでも放映していたので、今まで八代目 松本幸四郎版の第2シリーズ、丹波哲郎版、萬屋錦之介、中村吉右衛門さんのものは、第7シリーズの途中まで録画し続けています。

時代劇チャンネルで、萬屋錦之介版の録画の進行が早まり、穴ぼこ式に吉右衛門バージョンの補填も進んでいます。真田太平記はDVD-BOXを持っているのですが、時間が許す限り懐かしく見ることにしています。
中でも特に見ることができて良かったと感じたのは、剣客商売でした。
これまで見ていたものは全て藤田まことさんの主演の作品でした。
剣客商売とは、剣の名人である秋山小兵衛とその一子大治郎を中心とした話なのですが、藤田まことさんの作品では大治郎役に初期は渡部篤郎さんが、そして第4シリーズからは山口馬木也さんが演じられていました。しかし、その中心は常に父小兵衛であり、原作に忠実に描かれていたようです。

今回は加藤剛さん主演の大治郎を主役にすえた作品で、これが実に無理もなく秀逸だったのです。
「剣客商売‘73」という作品だったのですが、毎回、楽しみでした。
藤田まことさんのシリーズは、彼が存命中の第5シリーズまでありますが、加藤剛さんのものは、回数こそ22話と多いものの、大治郎が独身のまま、また旅立つという話で終了してしまいました。

フジテレビ放映の時代劇はその映像が美しく、さらに池波正太郎さんの食通の逸話があちこちに散りばめられていることが多いのですが、加藤剛さんの方は彼の日頃の暮らしぶり、その実直さ、父小兵衛の息子を想う心情などが、その端々に感じられ、大治郎がどう考えどう行動するのかという視点が解りやすいものでした。

実際に藤田まことさんのシリーズのものとダブる内容も有るのですが、主役を小兵衛から大治郎にすることでの無理もなく、むしろ自然でした。
子供とコマ遊びをして戯れていたり、その子の姉たちや佐々木三冬との関係なども正義感と清潔感の溢れる加藤剛さんそのものの良さ、ごく自然で清々しいものでした。今作品では佐々木三冬役に音無美紀子さん。これが実に初心な女性で、船長シリーズとは全く違う新たな魅力を見せてくれていました。

加藤剛さんの主演の時代劇というと、これまで石田三成を演じた「関ヶ原」くらいしか見ていなかったのですが、剣客商売での好演を見て「大岡越前」も見直してしまいました。

ミスター俳優座の加藤剛さんのイメージは理性ある人ばかりでした。その現代劇などでも北大路欣也さんの法廷ものと同様に実はあまり好んでみる方ではなかったのです。

しかし、松本清張作品の「影の車」や「砂の器」などを見ていたので、一度見ると自然に作品に取り込まれるような凄い役者であることは良く解っていたのですが、どれもが単発作品ばかりでした。

TNG_001TNG_002sara_001

さて、2か月経過して見たいと思うものはかなり消化できたと思っていたのですが、今度はついに「スタートレック」、「サラ・コナークロニクルズ」なども始まりました。特にスタートレックは、ピカード艦長のシリーズが好きだったので、今回放映開始の「新スタートレック(TNG)」は喜ばしい限りです。

全176話もあり、週一の放映なので、何処から何処までを見られるかは不透明ですが、スーパー!ドラマTV HDチャンネルの視聴は続けたいと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

字幕テロップの姿勢

  1. 03:34:46
前回に続き、今回もテレビネタになります。
スカパーの契約は、基本パックと言われるセットを選択することにしました。
東映チャンネル(CS218ch)、衛星劇場(CS219ch)などは含まれませんが、おおよそ見たい番組が網羅されています。

私が使っているHDD搭載ハイビジョンBDレコーダー(DMR-BW690-K)は、2番組同時録画ができるのですが、時間帯が重複するか否かをプラン立ててチェックするのにエクセルでも管理しています。
速報字幕テロップなどの時は、基本的に収録し直しという姿勢で録画しているのですが、再放送などの管理も結構難しいのです。

二時間ドラマなどは、過去の再放送を録画するのには、これまでBSのものを録るようにしてきました。それは、五月蠅く出ている近日放映の番組宣伝テロップなどを映したくないからです。十津川警部シリーズ(TBS)、赤い霊柩車シリーズ、浅見光彦シリーズなどは、特にフジの方は榎木孝明(第1作 - 第14作)のみ、TBSの方は辰巳琢郎(第1作 - 第13作)のみを録ることに決めています。
あとは日テレの水谷豊さんの8作のみ。

十津川警部_01赤い霊柩車_01

最近は、BS-ASAHIにて正午から土曜ワイド劇場の古い作品を放映していてそれもダブらないようにチェックしながら録っていましたが、如何せん画質が粗い。

連続ドラマの場合、池波正太郎さんの作品が好きなので、鬼平犯科帳、剣客商売などをBS-FUJIで録っていました。特に鬼平犯科帳は、中村吉右衛門さんのシリーズだけでも全9シリーズ有り、これまで第1シリーズの第2話〜第6シリーズの第8話まで収録してきました。残念だったのが、第1シリーズ第1話を録り逃した事だったのです。観たときはすでに放映開始された直後でした。それが今回スカパーを見たタイミングで偶然放映されると知り、無事録ることができました。今では、八代目 松本幸四郎版、丹波哲郎版も録り終え、萬屋錦之介版(放映時はテレ朝だったはず)の80年版の第13話まで録り終えています。

今回、スカパーに契約した理由は、萬屋錦之介版の81年版、82年版を放映していることと、吉右衛門さんの第8シリーズ、第9シリーズ、さらに剣客商売の放映が理由の一つでした。HDリマスターの画質の美しさが何と言っても魅力です。CMカットの煩わしさも気にすることなく、しかも字幕テロップは基本的になしです。こんなに嬉しいことは有りません。

さて、ここまでの内容は実はこのあとの話題の前振りです。

地上波って、なんでも字幕にしますよね。
ワイドショーやバラエティーでも字幕だらけです。
昨夜の様に選挙が開票されたときなどは、ニュースでやればいいことを、何の競争なの?と言う感じで、ドラマの中に平気で速報字幕入れてきたりする。
じゃあ、ドラマをお休みするか、時間帯をずらして放映してよと言いたくなるくらい字幕を無神経に入れてきます。

スポーツの結果もBSなどでやっていることをデータボタンも押していないのに字幕。知りたきゃ、データボタン押すなりネットで確認しますよと言いたい。
ましてや実際に放映最中の結果ですら字幕を入れてくる始末。
相撲の優勝の時など、今実際に見てるんですけれど…と言いたくなるし、ツイッターでもそういう抗議のつぶやきを良く見かけます。

地震など、震度1とか2とかでさえ流す始末。
地方のそのレベルの揺れを字幕出す意味は何?って感じます。
だから、サラメシなどの放映時は、字幕が出ないことがレアです。

サラメシ_01

昨夜は、極妻を録るのに、午後4時〜6時、宇宙戦艦ヤマトが午後5時〜30分、午後6時〜は通常BSの八重の桜と神社百景 GRACE of JAPANを録っているのですが、極妻は組長の佐藤慶さんが刺殺され、岩下志麻姐さんがギョッとするシーンで1分前。エンドテロップは?と思ったら、あっさり約数秒前に終了。やむなく八重の桜の収録は地上波の午後8時放映の選択をしました。
すると、都議会選挙の速報字幕が連続。がっかりです。これではドラマの視聴率が落ちるのも当然です。収録にも向きません。
BSの選択に朝ドラの様に再放送が有れば、間違いなくそちらを録りますが、ないので土曜の再放送を録らざるを得ません。
都合、45分の収録の為に3コマを無駄に消費するのです。
同じ時間にもっと録りたいのが有ったら、録画するのを辞めると思います。

八重の桜_01八重の桜_02八重の桜_03

実際、八重の桜は現在会津戦争の一番のヤマ場。
なのに、なんで選挙速報なんでしょう。
合間合間に、番宣繰り返すなら、その分本編でドラマだけに集中させる放映をすべきだと思います。本編に字幕入れまくって、番宣してるなんて馬鹿な所業だと思います。

選挙は、投票行為が大切な訳で、開票速報でそうした行為が誘発されるとは感じません。下らないネタバレスポット番宣を辞めて、選挙行為に向けるべく放送を事前にされることが重要な筈です。しかも、都議会議員選なんて、他府県からすれば、ウザいだけの選挙速報です。

朝ドラなど、日に何度もそして土曜に一括再放送するなら、金かけている大河ドラマをちゃんと見せる工夫をすべきです。
今は地デジ、データボタンが有るのですから、字幕で流す必要性を全く感じません。

最近では歴史秘話ヒストリアなどは、同時間帯放映の歴史発見 城下町へ行こう!(BS-ASAHI)とライバルたちの光芒(BS-TBS)の方を優先しています。
NHKの方は、BS歴史館の方が内容が充実しているので、そちらを見る様にしているのです。残念ながら地上波のコンテンツはこういう惨状なので、スカパーを契約せざるを得ない感じです。

地上波で見るのはもはやドキュメンタリー番組のみになりそうな気配です。

ちなみに八重の桜、会津戦争が終わったら、尚さんと離婚して全く前半とは違うドラマになるんでしょうね。あんつぁまこと覚馬さんも失明して表舞台の話では完全に超脇役になるんでしょうし。この先楽しめるのかって思いも有ったりはします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

コンテンツ選び

  1. 11:54:25
台風3号が前線をすっかり刺激してしまったようで、連日曇り空。
時折雨も降っていますが、そんな中スカパーの「無料の日」をふと覗きました。
最初は、アニメの「るろうに剣心」と「Zガンダム」が目的のANIMAXを見てました。「Zガンダム」の方は元々、地上波で録画していたので、それの続きを綺麗に撮りたいと思い、見始めたのです。
すると合間に放映される「未来少年コナン」までつい見てしまい、次第にチャンネル契約を前提に考えるようになりました。

スカパーの場合、次の金額構成になっていると知りました。

初回のみ、加入料……→2,940円
月々は、基本料の410円に、チャンネル契約か基本パック契約かの選択が有るということ。

興味を抱き始めると、各チャンネルの番組の確認をし始めたくなりました。
「無料の日」とは言っても、常に右下部分に2週間お試しキャンペーンの申し込み案内が表示されていました。でも、録画するとその文字は表示されないので、保存するのには問題がないし、あとから録画したものを見れば、邪魔な表示がないのです。

そこで私は次のように考えました。
無料の日をギリギリまで見て、そしてお試しキャンペーンを体験してみようと。
無料の日の最終日が今月の10日だったので、9日にネットから登録してお試しキャンペーンを始めました。
ここでうっかりしたのが、最初は録画をするつもりで登録したのですが、誤って録画できるデッキのカード番号ではなく、テレビのカード番号を登録してしまったのです。するとカードを入れ替えてもダメだったので、仕方なく録画機の方のカード登録もしました。

期間は、今月の26日までと通知が着ました。
するとしくじった筈のテレビと録画機の登録が、逆にいっそのことこの期間中にあちこちのコンテンツを見てみようという考えに変わりました。

各局の番組表を見比べて録りたいコンテンツをチェックし、録画時間の3つ以上重ならない様にエクセルで録画番組のチェックをしながら、予約をし始めました。それまで録っていたレギュラーも有るので、それの合間を組み合わせるのが結構至難な業で、どれを選択しどれを諦めるかを決めて行くのです。
でも、テレビの登録もしているので、録画はせずとも番組をリアルタイムに確認することは出来ました。

「鬼平犯科帳」をBSで録っていたので、それの穴埋め録画をしたり、「剣客商売」やTBS版の辰巳琢朗さんの「浅見光彦シリーズ(全13話)」なども録ることにしました。
加えて丁度「極道の妻たち」の一挙放映もやってましたので、それももちろん録画することにしました。
「攻殻機動隊」、「北斗の拳2」、「ルパン三世」、「赤い疑惑」などまで加わり、ノーカット放映される映画も、字幕のもの、吹き替えのものなどを録ることにしました。

「大都会供廚筺峅兇燭舛侶章」など、松田優作キャンペーンだとか、勝新キャンペーン、田宮二郎さんの犬シリーズ、市川雷蔵特集だとか、本当に見たいと思わせるコンテンツが豊富でした。
最近ではほとんど地上波は観ず、空き時間が出来ると、CMカット編集とDVDへの転写ばかり。

CMカットが容易で、映画は全てノーカットなので、もう地上波で映画を見る気にはならなくなります。



今回良く解ったのは、HDの映像の美しさ。
HDの映像なら録画は「HL」レベルで十分綺麗に見ることができます。
そういう意味でも、有料コンテンツなんだなとしみじみと感じました。

チャンネルごとに料金が設定されているので、最初「ANIMAX」だけと思っていたのが、「時代劇専門チャンネル」も見たいし、「ファミリー劇場HD」などもツボでした。他のチャンネルも有るに越したことはないという実感も沸いてきました。

丁度、来月7月までキャンペーンで基本パックという45チャンネル見放題というパックが翌月半額(加入月無料)で、1,785円と言うので、今月無料というのは実質4日分がただというくらいですが、あとひと月を半額で楽しんで、再度7月中に検討したいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

亡き妻からのラブレター

  1. 05:29:09
梅雨の晴れ間が意外にも早く訪れました。
今年は梅雨入りが早かったのですが、長期予報では空梅雨になるとか。
むしろ農作物への影響による価格高騰が懸念されます。

先日のWBSの特集では最近「野菜ジュース」人気が出てきたとか。
そんな風潮とは関係なく、偶然、トマトジュースを飲み続けていました。
葉物野菜などの価格高騰もあり、スーパーに行ってもネギやもやし以外の野菜を購入する頻度が減って来ていたので、トマトジュースを飲むようにしたのです。

日頃から好きなドキュメンタリー番組は欠かさず録画しています。

日テレ「NNNドキュメント」日曜深夜0時50分〜
NHK「地方発ドキュメンタリー」月曜深夜0時40分〜
テレ朝「テレメンタリー2013」月曜深夜3時10分〜(時間変更多し)
フジ「NONFIX」(FNSドキュメンタリー大賞)水曜深夜2時10分〜
NHK「ドキュメンタリー72時間」金曜夜10時55分〜
フジ「ザ・ノンフィクション」日曜午後2時〜

昔は、TBSの「ドキュメントダッシュダッシュ」と言うのも有ったのですが、TBSで録るのは「情熱大陸」くらいになってしまいました。

フジの番組は、録ったり録らなかったりしますが、それ以外は比較的できるだけリアルタイムに見て、CMカットなどをして録画保存しています。

今回は久しぶりにテレビネタとしてタイトルのNNNドキュメント「亡き妻からのラブレター じっちゃん高校生の恋」を取り上げてみます。

番組では、こんな始まり方でした。

「最近、手紙を書いたことが有りますか?」
街中でこんなアンケートをとってみると、携帯による「LINE」でのやりとりしかないと言う若者たちの回答。

そんな中、たった一通の手紙を20年以上開けられなかった男性が居ました。
それは亡き妻からの手紙でした。
山下一郎さん(79歳)は、亡き妻からの手紙を胸に忍ばせて、九州宮崎県の臼杵に向かいました。その日は、50年目の結婚記念日、つまり金婚式の日でした。

奥さまの名前は山下万里子さん。
一郎さんよりも9歳年下の万里子さんは、22年前に肺がんで他界していました。そんな奥様の手紙をあけられなかった理由とその手紙の内容、そして一郎さんが定時制高校に通ったことなどが、番組になっていました。

昭和8年生まれの一郎さんは、親戚の養子として育てられますが、高校進学の折、父親が病気で他界、地元の高校への進学を断念し、勤めに出ました。

万里子さんとは宮崎県で出会い、昭和38年に結婚し、一人息子を育て上げ、ゆっくり二人で暮らして行こうとしていた矢先、44歳の妻に肺がんが判明します。
生きる気力を無くさないで欲しいという思いから、一郎さんは万里子さんには告知しませんでした。
4年間の闘病生活の末、万里子さんは平成2年、享年48歳で他界します。

亡くなった後、部屋を整理しているとたんすの引き出しから「山下一郎様」と書かれた分厚い封筒が見つかりました。

しかし、一郎さんはずっとこの手紙を読むことができませんでした。
それは妻のこんな一言からでした。
「私の青春を返して」

一郎さんは、青春と言う意味を、20歳(独身時代)からととり、二人の結婚生活、一郎さんへの不満だと思っていたのです。

「私の青春を返して」、闘病中の妻から発せられたこの一言が、胸に重くのしかかっていたのです。

封をあければ万里子の気持ちを知ることになる。

手紙を読むきっかけをくれたのは、定時制高校の先生でした。

先生は、自分が奥様の立場だったら、自分も手紙を書くと思うし、奥様の気持ちになったら、絶対読まなきゃいけないだろうと思い、それを一郎さんに話されたそうです。

先生の言葉の後押しもあり、一郎さんは昨年の夏、22年目にしてこの手紙を開封することにしたのです。

一郎様へ

私の突然の入院で驚きましたね
私達一生懸命働いて
二人で山下城を築いて

これから少しゆっくり生活したいと思って
将来のことをいろいろと
お話していたんでしたよネ!

お迎えの来る日も遠くないのかも…と
思うとあせります

今の内に一筆書いて置きます

一郎様へ

昨夜はごめんなさい
私の病気について話してしまいましたね

お父さんも私に秘密を持ちつづけているより
本人が気づいてしまったことで
少し考えようでは
気楽になりましたでしょ

ガンセンターと言う名前の病院ですしネ
仕方ありませんよ

周りが教えてくれますし感じます

12枚もの便箋には、妻として母としての、そして死に対する恐怖が綴られていました。

神様は私に永遠の休暇を与えようとされている
少し早すぎますよネ
まだ33歳ですよ

せめて2月11日の45歳のバースデイを
乗り越えてからにして下さいね
と神様にお願いしよう

今はお化粧もしない私、ダメですネ
明日からメイクしようかな?

私は人生80年ならば
この若さでその人生の幸せを
味わったのかも知れませんね

お父さんも早く立ち直って下さいね

私の残りの人生も加えて幸せでありますよう
祈ることにします

あと残りの日々
少しずつ(部屋の)整理していきます

一部屋に3日ずつかけても
21日かかるんです
出来るかなぁ!

もしもの時は私の物は処分して下さいね

“お父さん幸せでしたよ”
もう本当に悲しまないで下さい

精一杯万里子に
愛を下さったと思います

親バカだけど和也(一人息子)クンも
とっても素直で良い子供でしたもの

幸せ過ぎたのかも知れません

我がままでじゃじゃ馬万里子が
こんなに悔やむとは
私自身思ってもみませんでしたよ

お父さん健康度チェックして下さいね
私はもうダメだけど頑張って下さいよ

書いても書いても思いは尽きません

みんなみんなごめんなさい
私のこと許して…!

お父さんもう書くだけ書いちゃった

本当はきれいにペン字で
書く予定でしたが

今日また寒くなりましたし
早く書いておかねばと思い

ボールペンで乱れに乱れて
涙を出しつつ一筆しました

幸せでしたよ満足です
どうぞお元気で
お幸せでいて下さいね

いつかまた逢いましょう

ごめんなさい… お先に…
“お父さん大好きょありがとう”ございました

万里子

61年12月27日PM3時

4年前75歳で定時性高校に入学した一郎さんは、あの時行けなかった高校に行きたい、そして万里子さんのもっと勉強したかったと言う思いを受け継ごうと思ったのです。

4年間無遅刻無欠席で通いました。
テストで100点取ったこともあり、それも嬉しいけれど、それよりもひとつものを覚えるのが嬉しいんよと答える一郎さん。

あのボクな、あの万里子と出会って結婚したのな
良かった思うよ
何にも悔いること無いしな
また生き返ったらまた結婚したいよ
むこうがどう言うか知らんけど
フフフ

亡き妻からのラブレターに一郎さんは妻に返事を書きました。

万里子へ

永遠に48歳のあなたから見れば
僕の学びの歩みは
とても遅いと思うけれど
学んだ知識を何かの機会で
活かせることが
これからの楽しみでもあります

できることなら
核家族である今の時代の若者と
僕たちのような高齢者の
心の橋渡しができるような活動をしていくのが
今の僕の夢です

生きている限り、万里子、
貴女の分も希望を持って学び続けます

いずれ君に会える時が来たら、
持ち前の笑顔で聞いて下さい
ではその日まで


番組は【ナレーター】萩原聖人さん【手紙朗読】小山茉美さんとで素敵に仕上げられていました。

実はこの内容は、以前フジテレビのアンビリーバボーで取り上げられたのを偶然に見ていました。放映日は4月18日だったようです。
再現ドラマが挿入される同番組は、海外の話を取り上げることも多く、その手の番組はあまり見ないのですが、その日は偶然に見ていました。

その時の内容では、年齢の離れた一郎さんと万里子さんとの間に以前金銭感覚などのことですれ違ったことなどにも触れられ、一郎さんには万里子さんが生前本当に幸せだったのかと、不安になることが有ったことも触れられて、手紙を読むことを躊躇していたとも語られていました。

フジテレビの番組の方には、雛壇の人たちのワイプなどで描きその反応を出したりと、余計な演出も有るので、少し拒否反応も有ったのですが、妻の手紙の内容を女性の声でその感情も想像し朗読する日テレの方の番組は、タイトル通りこれは妻からのラブレターだったんだなと素直に実感できました。

久しぶりに素敵なドキュメンタリーでした。
是非見たいと言う方には再放送を見ることができるチャンスが有ります。
ただし、BSです。

放映日は、6月9日日曜日、6/9 (日) 11:00 〜 11:30 (30分)
NNNドキュメント'13 亡き妻からラブレター22年経って封を切る…ごめんなさい


見逃した方、このラストチャンスを逃さぬよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

田中好子さんの三回忌

  1. 17:27:52
春の天気、続きませんね。少し暖かくなったなと思うと、強風。
地元春日部ではすっかり藤が満開を迎えました。

こちらは春日部西口ふじどおりです。
20130416_007
20130416_007 posted by (C)sumomojam

20130416_013
20130416_013 posted by (C)sumomojam

20130416_014
20130416_014 posted by (C)sumomojam

20130416_016
20130416_016 posted by (C)sumomojam

こちらは春日部駅西口ロータリー横のタクシー待合所です。
20130416_017
20130416_017 posted by (C)sumomojam

待合所には花壇も有ります。
20130416_018
20130416_018 posted by (C)sumomojam

20130416_025
20130416_025 posted by (C)sumomojam

20130416_026
20130416_026 posted by (C)sumomojam

20130416_033
20130416_033 posted by (C)sumomojam

20130416_035
20130416_035 posted by (C)sumomojam

今月21日で三回忌を迎える田中好子さんを偲んだ特番がNHKで放映されるようです。

内容は下記のものです。

■レッツゴーヤング「さよならキャンディーズ」 (1978年3月19日放送 総合) ※一部抜粋
“微笑がえし”“年下の男の子”などのヒットメドレー、最後の歌“つばさ”が放映される予定です。

■ひるのプレゼント「春一番キャンディーズ」 (1978年3月27日〜31日放送 総合) ※一部抜粋
“春一番”“あなたに夢中”をたっぷりと。ピンク・レディーとの共演で歌う“ペッパー警部”など 貴重な秘蔵映像が満載だそうです。

■連続テレビ小説「ちゅらさん」 (2001年4月〜9月放送 総合) ※一部抜粋

■ドラマスペシャル「てのひらのメモ」 (2010年10月23日放送 総合) ※一部抜粋

映画「黒い雨」や、葬儀でのラストメッセージを紹介した「あの人に会いたい 田中好子」からの映像も放映予定と有りました。

あの悲しいラストメッセージから2年経つんですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved