生活〜namakatsu

 
 

秋のバスツアー上高地へ

  1. 13:43:31
今朝も台風の猛威で電車が止まっていたり、冠水していたりしていますが、今月1日も台風が迫っていました。
8月中に予約していた秋のバスツアー、今年は2つ。
これまで行ったことがない場所ということで、今回はまず上高地を選択しました。できるだけウィークデイが好ましいと思い、選んだ日程が10月1日。
1週間前から見られる週間予報でチェックしていると、地元は曇りのち雨。
上高地は、晴れときどき曇りと出ていました。

朝になり、窓の外を見ると今にも降り出しそうな空模様。
一応、折り畳み傘を持参し、出発しました。
バス停に向かう道すがら、ポツリポツリと雨粒が落ちてきました。
あゝ、やっぱり降り始めたかと半ば諦めていましたが、傘をさすほどの雨ではなかったのが救いでした。

集合時間朝7時と有りましたが、春日部のメンバーはみな優秀で10分前の出発になりました。
今回のツアーはバス2台での出発、私は1号車になりました。
座席は前から5列目の右側の列の窓側、隣の席は南越谷から乗ってきます。

雨の中、バスがスタートしますと、やはり雨のためか道も混んでいました。
南越谷には早めに到着したのですが、ここではすでに土砂降り状態。おまけに南越谷乗車のツアー客が遅れたため、バスは定刻の7時50分出発よりも10分遅れで出発です。

ルートは草加より外環自動車道、そこから関越自動車道、藤岡より上信越自動車道、横川SAで弁当を積み込み、更埴ジャンクションより長野自動車道、松本ICで降りて1時間10分〜1時間半一般道を走り上高地になります。到着予定は昼過ぎになりますので半日はバスでの移動時間になります。

上高地を3時間散策し、安曇野スイス村で土産物休憩が入り、安曇野ICより帰路に着きます。春日部到着時間は、午後10時台の予定です。

なお、このツアーに付属しているのは昼食のお弁当のみで、夕飯はオプションで弁当を購入することになっていました。もちろん、途中で自前で購入することも可能です。

では大量の枚数になりますが、写真でツアーご紹介をしていきます。

20131001_001
20131001_001 posted by (C)sumomojam

横川SAです。時刻は10時10分過ぎ。天候は晴れ間が徐々に出てきそうな曇り空です。

20131001_002
20131001_002 posted by (C)sumomojam

私はツアーの時、毎回集合前に駅のロータリーに有るコンビニで軽食を購入することにしています。今回もパンを2つ、チーズ、そしてチョコレート味の1本満足バーを購入して乗りました。

ここまではパンを一つだけ食べていましたが、横川SAには群馬名物の焼きまんじゅうが販売されていましたので2つ購入し食べました。
焼きまんじゅうには目が無いんです。

20131001_003
20131001_003 posted by (C)sumomojam

20131001_004
20131001_004 posted by (C)sumomojam

約2時間後の正午過ぎに松本ICより一般道に降り、梓川沿いの国道158号線を走り、道の駅「風穴の里」でトイレ休憩になりました。
天候は長野県松本市に入りましたら晴れていました。予報通りです。ヽ(^o^)丿

梓川には、ダム(東電保有)が3つ有ります。
奈川渡(ながわど)ダム・稲核(いねこき)ダム・水殿(みどの)ダムです。
ここまで、二つ目の稲核ダムまでを車窓で見てきました。

20131001_005
20131001_005 posted by (C)sumomojam

20131001_006
20131001_006 posted by (C)sumomojam

20131001_007
20131001_007 posted by (C)sumomojam

20131001_009
20131001_009 posted by (C)sumomojam

20131001_011
20131001_011 posted by (C)sumomojam

20131001_012
20131001_012 posted by (C)sumomojam

20131001_013
20131001_013 posted by (C)sumomojam

上高地と一口に言いましても、河童橋を中心に西は大正池、田代池、東には明神池が有ります。
バスは大正池よりすぐ傍の「大正池ホテル」と言うところと、田代橋近くの「上高地帝国ホテル」と言うところと、そこと河童橋の中間くらいに有る「バスターミナル」と言うところに停まります。
大正池から河童橋に向かうコースは途中田代池、上高地を世に広めたと言われるウェストンさんのレリーフなどを眺めながら梓川沿いを約90分〜100分くらいかけて散策することになります。
そして、明神池方面へは、バスターミナル下車で河童橋を経由し、片道約90分となります。

いずれも集合場所はバスターミナルになります。
ちなみに河童橋からバスターミナルへは約15分です。

今回は散策時間が約3時間とってありましたので、どちらのルートも選択できそうですが、添乗員さんが言われるのには初心者の場合、大正池コースがお薦めとのことでしたので、私もそちらを選択することにしました。
そして、もし足に余裕が有りましたら、河童橋から湿原小梨平への散策もお薦めとのことでした。

20131001_014
20131001_014 posted by (C)sumomojam

大正池です。時刻は午後1時過ぎ。集合時間は午後4時です。天候は真っ青な空に白い雲がポカリ。撮影には理想的です。
穂高連峰も焼岳などもみな綺麗に見えています。

20131001_015
20131001_015 posted by (C)sumomojam

20131001_016
20131001_016 posted by (C)sumomojam

20131001_017
20131001_017 posted by (C)sumomojam

20131001_018
20131001_018 posted by (C)sumomojam

20131001_020
20131001_020 posted by (C)sumomojam

20131001_022
20131001_022 posted by (C)sumomojam

20131001_025
20131001_025 posted by (C)sumomojam

20131001_026
20131001_026 posted by (C)sumomojam

20131001_030
20131001_030 posted by (C)sumomojam

20131001_031
20131001_031 posted by (C)sumomojam

大正池の景観を堪能し、これより自然研究路を歩き田代池方面へと進みます。

20131001_032
20131001_032 posted by (C)sumomojam

20131001_034
20131001_034 posted by (C)sumomojam

20131001_039
20131001_039 posted by (C)sumomojam

焼岳北峰(2444m)です。ちなみに上高地は1500mのところに有るそうで、周りの山々はみな2000m〜3000m級のアルプスになります。

20131001_040
20131001_040 posted by (C)sumomojam

20131001_046
20131001_046 posted by (C)sumomojam

20131001_049
20131001_049 posted by (C)sumomojam

20131001_050
20131001_050 posted by (C)sumomojam

20131001_051
20131001_051 posted by (C)sumomojam

20131001_053
20131001_053 posted by (C)sumomojam

20131001_054
20131001_054 posted by (C)sumomojam

20131001_057
20131001_057 posted by (C)sumomojam

20131001_058
20131001_058 posted by (C)sumomojam

20131001_059
20131001_059 posted by (C)sumomojam

20131001_060
20131001_060 posted by (C)sumomojam

20131001_061
20131001_061 posted by (C)sumomojam

20131001_062
20131001_062 posted by (C)sumomojam

20131001_063
20131001_063 posted by (C)sumomojam

20131001_065
20131001_065 posted by (C)sumomojam

田代池に到着です。
先程の大正池とは異なり非常にこじんまりとした可愛らしい池です。
梓川の綺麗な水が間近に見られるスポットです。
背景に見える山は左から六百山(2450m)、右の低い方が三本槍(1916m)になります。

20131001_067
20131001_067 posted by (C)sumomojam

20131001_068
20131001_068 posted by (C)sumomojam

20131001_069
20131001_069 posted by (C)sumomojam

20131001_070
20131001_070 posted by (C)sumomojam

田代湿原の草紅葉も綺麗です。
今頃はきっと良い色をしていることでしょう。

20131001_071
20131001_071 posted by (C)sumomojam

20131001_073
20131001_073 posted by (C)sumomojam

20131001_075
20131001_075 posted by (C)sumomojam

分岐路は「梓川コース」を選択しました。ここから田代橋までは梓川を左に観ながら歩くことになります。

20131001_076
20131001_076 posted by (C)sumomojam

20131001_077
20131001_077 posted by (C)sumomojam

20131001_078
20131001_078 posted by (C)sumomojam

20131001_079
20131001_079 posted by (C)sumomojam

20131001_080
20131001_080 posted by (C)sumomojam

20131001_081
20131001_081 posted by (C)sumomojam

20131001_082
20131001_082 posted by (C)sumomojam

20131001_083
20131001_083 posted by (C)sumomojam

20131001_084
20131001_084 posted by (C)sumomojam

20131001_085
20131001_085 posted by (C)sumomojam

20131001_086
20131001_086 posted by (C)sumomojam

20131001_087
20131001_087 posted by (C)sumomojam

20131001_088
20131001_088 posted by (C)sumomojam

20131001_091
20131001_091 posted by (C)sumomojam

20131001_092
20131001_092 posted by (C)sumomojam

20131001_093
20131001_093 posted by (C)sumomojam

20131001_094
20131001_094 posted by (C)sumomojam

田代橋が見えてきました。

20131001_097
20131001_097 posted by (C)sumomojam

20131001_098
20131001_098 posted by (C)sumomojam

20131001_099
20131001_099 posted by (C)sumomojam

20131001_100
20131001_100 posted by (C)sumomojam

20131001_101
20131001_101 posted by (C)sumomojam

20131001_103
20131001_103 posted by (C)sumomojam

穂高橋です。

20131001_104
20131001_104 posted by (C)sumomojam

20131001_107
20131001_107 posted by (C)sumomojam

20131001_111
20131001_111 posted by (C)sumomojam

20131001_116
20131001_116 posted by (C)sumomojam

20131001_117
20131001_117 posted by (C)sumomojam

20131001_118
20131001_118 posted by (C)sumomojam

20131001_119
20131001_119 posted by (C)sumomojam

20131001_121
20131001_121 posted by (C)sumomojam

20131001_122
20131001_122 posted by (C)sumomojam

20131001_123
20131001_123 posted by (C)sumomojam

20131001_124
20131001_124 posted by (C)sumomojam

20131001_125
20131001_125 posted by (C)sumomojam

20131001_126
20131001_126 posted by (C)sumomojam

20131001_127
20131001_127 posted by (C)sumomojam

20131001_128
20131001_128 posted by (C)sumomojam

20131001_129
20131001_129 posted by (C)sumomojam

ウェストンリーフ(ウェストン碑)です。
写真では大きさが解りにくいでしょうけれど、結構地味ですので見過ごさぬ様に注意して歩きましょう。

20131001_131
20131001_131 posted by (C)sumomojam

20131001_133
20131001_133 posted by (C)sumomojam

20131001_136
20131001_136 posted by (C)sumomojam

20131001_140
20131001_140 posted by (C)sumomojam

20131001_142
20131001_142 posted by (C)sumomojam

20131001_143
20131001_143 posted by (C)sumomojam

20131001_145
20131001_145 posted by (C)sumomojam

20131001_150
20131001_150 posted by (C)sumomojam

20131001_155
20131001_155 posted by (C)sumomojam

20131001_156
20131001_156 posted by (C)sumomojam

20131001_157
20131001_157 posted by (C)sumomojam

20131001_158
20131001_158 posted by (C)sumomojam

20131001_159
20131001_159 posted by (C)sumomojam

20131001_160
20131001_160 posted by (C)sumomojam

河童橋が見えてきました。

20131001_162
20131001_162 posted by (C)sumomojam

20131001_163
20131001_163 posted by (C)sumomojam

20131001_164
20131001_164 posted by (C)sumomojam

20131001_165
20131001_165 posted by (C)sumomojam

20131001_166
20131001_166 posted by (C)sumomojam

20131001_167
20131001_167 posted by (C)sumomojam

20131001_169
20131001_169 posted by (C)sumomojam

20131001_171
20131001_171 posted by (C)sumomojam

20131001_174
20131001_174 posted by (C)sumomojam

20131001_175
20131001_175 posted by (C)sumomojam

20131001_176
20131001_176 posted by (C)sumomojam

時刻は午後3時6分過ぎ。ここまで歩いて来て解ったのは自然研究路から見られる景観は美しい梓川、山々、そして少し秋めいてきた林や湿地の草でした。
集合時間は午後4時なので、残り時間は土産物店を覗き、持参した水筒に上高地の水を入れ、あとは美しい梓川の流れを見て過ごすことにしました。

20131001_173
20131001_173 posted by (C)sumomojam

20131001_177
20131001_177 posted by (C)sumomojam

20131001_179
20131001_179 posted by (C)sumomojam

20131001_180
20131001_180 posted by (C)sumomojam

20131001_181
20131001_181 posted by (C)sumomojam

20131001_182
20131001_182 posted by (C)sumomojam

20131001_183
20131001_183 posted by (C)sumomojam

20131001_186
20131001_186 posted by (C)sumomojam

20131001_187
20131001_187 posted by (C)sumomojam

20131001_188
20131001_188 posted by (C)sumomojam

20131001_189
20131001_189 posted by (C)sumomojam

20131001_190
20131001_190 posted by (C)sumomojam

20131001_191
20131001_191 posted by (C)sumomojam

20131001_192
20131001_192 posted by (C)sumomojam

20131001_193
20131001_193 posted by (C)sumomojam

上高地バスターミナルです。

20131001_194
20131001_194 posted by (C)sumomojam

20131001_195
20131001_195 posted by (C)sumomojam

20131001_196
20131001_196 posted by (C)sumomojam

20131001_197
20131001_197 posted by (C)sumomojam

20131001_198
20131001_198 posted by (C)sumomojam

私が乗ってきた1号車です。
Amatias(アメシャス)Prince号です。

このあと安曇野スイス村に立寄ったときはすでに日暮れ後でした。
途中、横川SA、外環自動車道の新倉PAにてトイレ休憩の後、南越谷には午後10時に、そして春日部には午後10時20分に到着しました。

現地ではとても良い天気に恵まれ、帰りも春日部は雨も止んでおり、傘を一度も使わずに済みました。
この日の添乗員さんは斉藤久美子さんと言う女性でしたが、とても解りやすい説明で旅行を盛り上げてくれました。

唯一の難点は、隣の年配の男性のおしゃべりだったこと。
それも殆どが自慢話。一度も寝させてくれませんでした。
御婦人方よりもおしゃべりな人で、どうやら日頃一人暮らしでよっぽど退屈だったのでしょう。疲れました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

冬のバス旅

  1. 03:15:41
早いもので、都内はすでにソメイヨシノ満開になったと訊きます。確定申告も無事、期限内に済ませ、ポタリングを再開しました。
私も桜や春の景色を見ようと、春日部市内だけでなく、越谷、草加、浦和、蓮田などを回っています。

桜にも色々と品種が有って、ソメイヨシノだけでなく、寒桜、河津桜、緋寒桜など、割合早めに開花する桜も有るので、ソメイヨシノが三分咲き程度でも見るべき場所がかなり有ります。

最近嬉しいことは、写真撮影したものを「フォト蔵」にアップしているのですが、以前と異なり、作品的に尊敬できるファンという登録をさせていただく方から、嬉しいコメントを頂く様になったことです。写真撮影も猫だけでなく、植物や野鳥などにも関心を抱くことができるようになりました。

さて、今回はタイトルに書いた通り、先月行ってきたバスツアーの事を記事にします。
毎年、秋にだけ行っていたバスツアー、今回は初めて冬のツアーに参加してきました。昨年最後に行ったバスツアーはまだブログに書いていませんが、伊豆に行って来ました。そのあと、ずっとツアーを検討していたのです。
春のツアーには河津桜や梅などの観光が多いようで、お正月は初詣のツアーが多かったのですが、私は雪を見るツアーを選択しました。

関東では積もると言ってもせいぜい1週間程度で融けるものばかりですが、同じ本州でも東北や信州、日本海側などは、この時期、大雪のニュースが続いています。スキーはやらないのですが、雪まつりやかまくら祭りなどを見たいと思い、今回初めて第27回大内宿雪まつりと湯西川かまくら祭りライトアップ他のツアーに参加しました。

日程は、2月の三連休の初日、2月9日土曜でした。
スケジュールは、春日部(7:50発)--羽生SA(8:25-8:45)--那須(「とちおとめ」のイチゴ狩り9:50-10:20)・那須ハートランドお菓子の城(買い物10:20-10:40)--大内宿(雪まつり見物約90分12:20-13:50)--湯っ歩の里(足湯15:20-16:00)--湯西川温泉(かまくら祭見物17:00-18:00)--佐野SA(20:25-20:45)--春日部(21:30)

一人参加でしたが、今回は席が2席を独り占め。
とてもゆったりと楽しむことができました。
昨年の秋のツアー参加した3つとも一人参加の人との相席だったので、気兼ねの要らない2席独占はとても嬉しかったです。

20130209_001
20130209_001 posted by (C)sumomojam

春日部の前に南越谷、せんげん台とツアー客を乗せてきたバスに乗り込み、幸手ICから東北道にのったバスは、最初のトイレ休憩地、羽生SAに8時25分に到着しました。

20130209_002
20130209_002 posted by (C)sumomojam

今回添乗員さんは、宮田さんという若い女性で、運転手さんは二人乗っていました。二人体制のツアーは初めてでした。例の法改正で走行距離に伴い運転手の交代要員が乗ることになったようです。
ちなみにツアーは秋と同様、クラブツーリズムでした。

20130209_003
20130209_003 posted by (C)sumomojam

最初のツアー目的地、イチゴ狩りのため、那須ICで降りたバスが那須ハートランドに到着したのは9時50分。到着すると、バスの中に係員の方が入ってきて、イチゴ狩りの説明をしてくださいます。ハートランドのイチゴ狩りの出来るハウス近くまでバスが寄って行き、7番のビニールハウスに入りました。
そこでイチゴパックとハサミを受け取りますと、イチゴパックの中には銀紙皿の上にコンデンスミルクが入れられておりました。
イチゴの品種はとちおとめです。
あとは30分内に自分で摘み取り食べるだけです。

20130209_004
20130209_004 posted by (C)sumomojam

20130209_006
20130209_006 posted by (C)sumomojam

30分経ったかどうかは余り気にすることなく、ある程度満足したところでハウスを出ました。特に「おやめください」などの声もかけられませんでした。
ずっと奥まで入って行き、そこからイチゴ苗の赤いイチゴを自分で選択し摘み取って食べることを決められた一列の左右のイチゴを食べると、おそらく販売されているイチゴパックの1パック分くらいを食べたと思います。
コンデンスミルクも無くなり、もう良いかと言う気分になります。

借りた道具を返し、ハウス入口の傍の手洗い場で手をゆすぎ、約3分ほど移動した「お菓子の城」と呼ばれる建物内に立寄り、目的時間までにトイレなどを済ませ、バスに戻ることになります。

お菓子の城では「那須に恋して」、「御用邸の月」、「那須高原のバウムクーヘン」、「那須ハートランドパイ」、「お菓子の城ラスク」などのお菓子が販売されています。

20130209_007
20130209_007 posted by (C)sumomojam

20130209_008
20130209_008 posted by (C)sumomojam

イチゴ狩り、一般のお客様はここで受付をしてハウスに進むことになります。
バスツアーの我々は、ここは素通りとなります。

20130209_009
20130209_009 posted by (C)sumomojam

20130209_010
20130209_010 posted by (C)sumomojam

お菓子の城です。

中は那須の名産物イチゴやミルクなどを使ったお菓子が販売されています。
レストランも併設されており、奥にはお菓子の製造過程がガラス越しに見ることができます。いわゆる工場見学系ですね。ただし、あまり大がかりなものではありません。

20130209_011
20130209_011 posted by (C)sumomojam

20130209_012
20130209_012 posted by (C)sumomojam

20130209_013
20130209_013 posted by (C)sumomojam

20130209_014
20130209_014 posted by (C)sumomojam

20130209_015
20130209_015 posted by (C)sumomojam

20130209_016
20130209_016 posted by (C)sumomojam

20130209_017
20130209_017 posted by (C)sumomojam

御用邸の月と呼ばれる那須地方における萩の月的なお菓子がウリの様でした。
他にチーズケーキなどもありました。

このお城を出ると、正面右側に駐車場が有ります。

20130209_018
20130209_018 posted by (C)sumomojam

私が乗ってきたバスは左から2台目のバスでした。

20130209_019
20130209_019 posted by (C)sumomojam

お菓子の城と駐車場の間のこの道を最初は奥までバスで入って行ったのです。
イチゴ狩りとお買いもので50分ほどここで過ごし、次の目的地である大内宿に向かうことになります。
大内宿では雪まつりの開会式が1時から行われるので、それに間に合うように向かいました。
途中、ツアーで用意された釜飯弁当をバスの車内で食べる行程になっていました。このお弁当は水を入れると中のご飯などが温められる仕組みのお弁当でした。牛肉の歯切れの悪い薄いのが2枚、キンピラ、鯖の塩焼きなどが入ったもので、10時40分集合の時にはすでに自席に置いてありました。

目的地までは約2時間の道程。
那須IC〜白河ICまでは高速、そのあとは一般道289号線、121号線を進みます。
途中山道を走行するとのことで、高速の内に食べる算段にしておかないと、揺れでお弁当を落としかねないと思い、11時に水を入れ、約10分後に食べ始めました。

水を入れると沸騰するのでご飯が底から少し浮いており、多少、お弁当を口にかっ込むのに食べづらかったです。

20130209_020
20130209_020 posted by (C)sumomojam

20130209_021
20130209_021 posted by (C)sumomojam

添乗員さんの顔が写りました。
大内宿に引率されていきます。

20130209_022
20130209_022 posted by (C)sumomojam

20130209_023
20130209_023 posted by (C)sumomojam

20130209_024
20130209_024 posted by (C)sumomojam

凄い氷柱ばかりが見えます。
雪国って感じです。
これが見たかったんです。

20130209_025
20130209_025 posted by (C)sumomojam

祭り会場には雪灯籠が建っています。
夜になるとこれに灯りが灯るんでしょうね。
見てみたいな。

20130209_026
20130209_026 posted by (C)sumomojam

20130209_027
20130209_027 posted by (C)sumomojam

20130209_028
20130209_028 posted by (C)sumomojam

20130209_029
20130209_029 posted by (C)sumomojam

20130209_030
20130209_030 posted by (C)sumomojam

20130209_031
20130209_031 posted by (C)sumomojam

20130209_032
20130209_032 posted by (C)sumomojam

20130209_033
20130209_033 posted by (C)sumomojam

20130209_034
20130209_034 posted by (C)sumomojam

20130209_035
20130209_035 posted by (C)sumomojam

20130209_036
20130209_036 posted by (C)sumomojam

20130209_037
20130209_037 posted by (C)sumomojam

20130209_038
20130209_038 posted by (C)sumomojam

20130209_039
20130209_039 posted by (C)sumomojam

20130209_040
20130209_040 posted by (C)sumomojam

20130209_041
20130209_041 posted by (C)sumomojam

20130209_042
20130209_042 posted by (C)sumomojam

20130209_043
20130209_043 posted by (C)sumomojam

20130209_044
20130209_044 posted by (C)sumomojam

20130209_045
20130209_045 posted by (C)sumomojam

20130209_046
20130209_046 posted by (C)sumomojam

20130209_047
20130209_047 posted by (C)sumomojam

開会式までまだ時間が有ったので、高倉神社という場所を見てこようか。
この高倉神社、昨年の大河ドラマ「平清盛」の終盤に出てくる以仁王を祀った神社だそうです。

20130209_048
20130209_048 posted by (C)sumomojam

こんなふうに大根をカットしたものを干してたくわんにしているんです。
大内宿、保存食作りも盛んです。
他のところでは大根を丸のまま干しているところも有りました。

20130209_049
20130209_049 posted by (C)sumomojam

少し進むと臨時駐車場みたいな場所になりました。
この先、どれくらい進むと神社に行きつくのか全く不明です。
集合時間の事も有るのと、方向音痴なので右旋回して戻ることにしました。

20130209_050
20130209_050 posted by (C)sumomojam

今、歩いてきた道のりです。

20130209_051
20130209_051 posted by (C)sumomojam

右折すると間もなく仮設トイレが有りました。
まだ、全くもよおさないので、スルーします。
トイレは、この奥にも有りました。

20130209_052
20130209_052 posted by (C)sumomojam

豪雪地帯という印象を持つくらい、先の道が見えません。
果して右旋回で元の道に戻れるのか、多少不安になっています。

20130209_053
20130209_053 posted by (C)sumomojam

雪の中、道なき道を進み、何とか前方に先程歩いていた宿場が見えてきましたが、右横にはこのような雪の蔵が建っていました。
付近の家の軒下には、「屋根の上の雪が降りてくるので下敷きにならぬ様に、注意してください」という恐怖心を煽るような手書き看板がぶら下がっていました。

良く雪の下敷きになってとか、屋根降ろしをしていて落下してとか、ニュースの雪による死因を聴いているので、この手書き看板は十分に怖かったです。

20130209_054
20130209_054 posted by (C)sumomojam

20130209_055
20130209_055 posted by (C)sumomojam

20130209_056
20130209_056 posted by (C)sumomojam

20130209_057
20130209_057 posted by (C)sumomojam

20130209_058
20130209_058 posted by (C)sumomojam

20130209_059
20130209_059 posted by (C)sumomojam

20130209_060
20130209_060 posted by (C)sumomojam

20130209_061
20130209_061 posted by (C)sumomojam

20130209_062
20130209_062 posted by (C)sumomojam

大根が印象的です。

20130209_063
20130209_063 posted by (C)sumomojam

水の流れが結構速かったです。高遠そばが名物と言うだけあるなと感じました。水清いところはそばが美味いって言うから。
高遠そばってのは、ネギを箸の様にして薬味にしながら食べるお蕎麦です。

20130209_064
20130209_064 posted by (C)sumomojam

20130209_065
20130209_065 posted by (C)sumomojam

大根の干し方、様々でしょ。

20130209_066
20130209_066 posted by (C)sumomojam

ライオンの様なわんこがたてがみについた雪を払ってました。
洋服着せられてもたてがみに雪がついちゃいますから、たまにこうして雪払いしないとなんですね。でもこの行為で飼い主を初め周りの方に一寸ご迷惑。

20130209_067
20130209_067 posted by (C)sumomojam

20130209_068
20130209_068 posted by (C)sumomojam

松葉屋さんとえびす屋さんに囲まれた場所にあった大内宿、現在は町並み展示館になっているそうですが、この前で午後1時から開会式が催されるので人だかりになっています。

20130209_069
20130209_069 posted by (C)sumomojam

20130209_070
20130209_070 posted by (C)sumomojam

20130209_071
20130209_071 posted by (C)sumomojam

20130209_072
20130209_072 posted by (C)sumomojam

20130209_073
20130209_073 posted by (C)sumomojam

20130209_074
20130209_074 posted by (C)sumomojam

開会式、最初の二人だけ見ていて、あとはもう良いかと言う感じで会場を離れました。挨拶の中では二年前の震災時のこの祭りの事が語られていました。
多くの観光客あっての大内宿なのだそうです。

20130209_075
20130209_075 posted by (C)sumomojam

20130209_076
20130209_076 posted by (C)sumomojam

20130209_077
20130209_077 posted by (C)sumomojam

20130209_078
20130209_078 posted by (C)sumomojam

20130209_079
20130209_079 posted by (C)sumomojam

お祭りの雰囲気は子供たちの可愛らしいスキーウェアや多くの笑顔でとても幸せになります。宿場の中で甘酒、おしるこ、焼きもちなど多くの誘惑に誘われながらも、さっき食べた早めのお弁当がまだ残っていて、眼の保養だけになっています。

20130209_080
20130209_080 posted by (C)sumomojam

20130209_081
20130209_081 posted by (C)sumomojam

20130209_082
20130209_082 posted by (C)sumomojam

20130209_083
20130209_083 posted by (C)sumomojam

これは集合写真の風景です。
バスを降りた後、ここで強制的に集合写真を二枚撮影します。
その二枚の写真を入れたミニアルバムを1200円で販売しているのです。
希望者は撮影後、受付をし、バスに戻ると添乗員さんが手渡すと言う仕組みになっていました。

20130209_084
20130209_084 posted by (C)sumomojam

私はこういう雰囲気が好きです。
この宿場に居ると、昔、両親の実家、岩手に冬休みに行った時の事を思い出します。今では、母は亡くなり、ほとんど家族で泊りがけで出かけることも無くなりましたし、祖父も祖母も全員既に亡くなり、両親の実家にはそれぞれの後継者である兄弟一家が暮らしていますので、泊に行くことも無くなりましたし、冠婚葬祭でない限り逢うことも無くなりました。寂しい事です。
だからなのか、家族連れが幸せそうにしているのを見るのが楽しいと思うようになりました。羨ましさもあると思うのですが、それよりもあゝこんな時代が有ったなと郷愁感が湧いてくるのです。
そんな境地になったのもアラフィフになった所為でしょう。

20130209_085
20130209_085 posted by (C)sumomojam

20130209_086
20130209_086 posted by (C)sumomojam

20130209_087
20130209_087 posted by (C)sumomojam

20130209_088
20130209_088 posted by (C)sumomojam

20130209_089
20130209_089 posted by (C)sumomojam

20130209_090
20130209_090 posted by (C)sumomojam

20130209_091
20130209_091 posted by (C)sumomojam

20130209_092
20130209_092 posted by (C)sumomojam

20130209_093
20130209_093 posted by (C)sumomojam

20130209_094
20130209_094 posted by (C)sumomojam

20130209_095
20130209_095 posted by (C)sumomojam

20130209_096
20130209_096 posted by (C)sumomojam

20130209_097
20130209_097 posted by (C)sumomojam

20130209_098
20130209_098 posted by (C)sumomojam

軽く吹雪舞う中、開会式の最初だけ見てきた後、一旦駐車場まで歩いて行きました。途中、屋根から自然に落ちてくる大きな雪の塊を見たり、山の景観などを楽しみながら。

20130209_099
20130209_099 posted by (C)sumomojam

20130209_100
20130209_100 posted by (C)sumomojam

ここ、大内宿は福島県南会津郡下郷町にある下野街道若しくは会津西街道に有ります。看板には「塔のへつり9辧廚箸いι充┐睛りました。
塔のへつり、実は母と訪れたことが有ります。
阿賀野川がある綺麗な場所で、あとから会津高原鉄道に「塔のへつり駅」と言うのが有ることも知りました。

20130209_101
20130209_101 posted by (C)sumomojam

20130209_102
20130209_102 posted by (C)sumomojam

20130209_103
20130209_103 posted by (C)sumomojam

20130209_104
20130209_104 posted by (C)sumomojam

20130209_105
20130209_105 posted by (C)sumomojam

20130209_106
20130209_106 posted by (C)sumomojam

20130209_107
20130209_107 posted by (C)sumomojam

私が乗るバスは、一番左側のですが、二人の運転手さんと添乗員さんが打ち合わせをされていました。

20130209_108
20130209_108 posted by (C)sumomojam

20130209_109
20130209_109 posted by (C)sumomojam

集合時間までまだ20分近く残っていますので、もう少し宿場を歩いてきます。「什の掟」にある「戸外でものを食べてはならぬ」を守ってますと、時間に余裕が出ます。

20130209_110
20130209_110 posted by (C)sumomojam

20130209_111
20130209_111 posted by (C)sumomojam

20130209_112
20130209_112 posted by (C)sumomojam

20130209_113
20130209_113 posted by (C)sumomojam

20130209_114
20130209_114 posted by (C)sumomojam

20130209_115
20130209_115 posted by (C)sumomojam

20130209_116
20130209_116 posted by (C)sumomojam

20130209_117
20130209_117 posted by (C)sumomojam

20130209_118
20130209_118 posted by (C)sumomojam

大内宿雪まつり、素敵なところ、そして素敵な行事でした。
雪国の様子、垣間見ることが出来ました。
関東人の私は、想像以上の雪を見ることが出来、2013年の日本の冬を実感させていただきました。

20130209_119
20130209_119 posted by (C)sumomojam

福島県南会津郡下郷町大字大内の旧宿場町の雪まつりのあとは、約1時間半をかけて、栃木県那須塩原市にあります湯っ歩の里に向かいました。
そこには、全長60mの日本最大級の足湯が有りました。

真ん中に鏡池を配し、その周りをぐるりと取り囲むように施設が有る足湯です。
その真ん中にある鏡池は、熱湯のようで、サッシの向こうでは時折間欠泉が噴出していました。鏡池は危険なので立ち入り禁止になっています。

足湯が流れている場所(足湯回廊)と廊下の間に敷居があり、そのお湯側にベンチが有りますので、そこに座って足を温めるようになっています。
また、お湯の温度は場所により異なっています。
その足湯の底にはツボを刺激する石が敷かれていますので、ツボを刺激されながら足湯回廊を歩いて周回することもできます。

足つぼを刺激する床の石について説明書きが有るのですが、その説明書きが座った位置の背後の廊下の通路に貼られていていました。
これでは座ってしまった後や足湯を歩きながら読むことが出来ないので、少し残念です。

20130209_120
20130209_120 posted by (C)sumomojam

塩原温泉湯っ歩の里、トイレ設置数が異常に少ないです。
それは男子トイレもです。
言うなれば障碍者も使用可能なタイプの大きな洋式トイレが一部屋に一基設置してあります。大も小もそれ一基だけのトイレです。

敷地内にもう一か所のトイレがあり、そこには二基あると、あとから訊きましたが、日本で一番広い足湯に有る設備にしては、足りない気がします。
バス集合時間に余裕を持たせたつもりでしたが、トイレの列に並んだ関係で、あっという間にギリ集合時間という状況になってしまいました。


20130209_121
20130209_121 posted by (C)sumomojam

続いて湯西川のかまくら祭り見物に来ました。

20130209_122
20130209_122 posted by (C)sumomojam

20130209_123
20130209_123 posted by (C)sumomojam

20130209_125
20130209_125 posted by (C)sumomojam

20130209_126
20130209_126 posted by (C)sumomojam

中に自動販売機がスッポリ入ってしまうくらい大きなかまくらを見たのはこれが初めての事でした。

20130209_127
20130209_127 posted by (C)sumomojam

20130209_128
20130209_128 posted by (C)sumomojam

20130209_129
20130209_129 posted by (C)sumomojam

20130209_130
20130209_130 posted by (C)sumomojam

20130209_131
20130209_131 posted by (C)sumomojam

20130209_132
20130209_132 posted by (C)sumomojam

20130209_133
20130209_133 posted by (C)sumomojam

20130209_134
20130209_134 posted by (C)sumomojam

20130209_135
20130209_135 posted by (C)sumomojam

20130209_136
20130209_136 posted by (C)sumomojam

20130209_137
20130209_137 posted by (C)sumomojam

そろそろ照明に灯が入ってきました。

20130209_138
20130209_138 posted by (C)sumomojam

かまくらの中に入ってみました。
そこにはこのようにランプが灯っていました。
かまくらの中は大人が二人以上入っても、圧迫感がないくらい広々としていました。

20130209_139
20130209_139 posted by (C)sumomojam

20130209_140
20130209_140 posted by (C)sumomojam

そしてかまくらの周りの木々のイルミネーションも点灯しはじめました。

20130209_141
20130209_141 posted by (C)sumomojam

かまくらの中でバーベキューを食べることができるようになっていますが、材料がもう品切れで、終了していましたので、この日、その光景を見ることはできませんでした。

20130209_142
20130209_142 posted by (C)sumomojam

20130209_143
20130209_143 posted by (C)sumomojam

20130209_144
20130209_144 posted by (C)sumomojam

20130209_145
20130209_145 posted by (C)sumomojam

20130209_146
20130209_146 posted by (C)sumomojam

20130209_147
20130209_147 posted by (C)sumomojam

20130209_148
20130209_148 posted by (C)sumomojam

20130209_149
20130209_149 posted by (C)sumomojam

20130209_150
20130209_150 posted by (C)sumomojam

20130209_151
20130209_151 posted by (C)sumomojam

20130209_153
20130209_153 posted by (C)sumomojam

20130209_154
20130209_154 posted by (C)sumomojam

ミニかまくらへの点灯も始まり、これがこのかまくら祭りイルミネーションのメインになります。

20130209_158
20130209_158 posted by (C)sumomojam

20130209_159
20130209_159 posted by (C)sumomojam

20130209_160
20130209_160 posted by (C)sumomojam

20130209_161
20130209_161 posted by (C)sumomojam

20130209_162
20130209_162 posted by (C)sumomojam

20130209_163
20130209_163 posted by (C)sumomojam

20130209_165
20130209_165 posted by (C)sumomojam

20130209_166
20130209_166 posted by (C)sumomojam

20130209_167
20130209_167 posted by (C)sumomojam

20130209_168
20130209_168 posted by (C)sumomojam

ここから今回の秘密道具、クロスフィルターを使い始めました。
イルミネーションや夜景を手持ちで撮影するのに、この道具はもってこいです。

20130209_169
20130209_169 posted by (C)sumomojam

20130209_170
20130209_170 posted by (C)sumomojam

20130209_171
20130209_171 posted by (C)sumomojam

20130209_173
20130209_173 posted by (C)sumomojam

20130209_174
20130209_174 posted by (C)sumomojam

20130209_176
20130209_176 posted by (C)sumomojam

20130209_177
20130209_177 posted by (C)sumomojam

20130209_179
20130209_179 posted by (C)sumomojam

20130209_184
20130209_184 posted by (C)sumomojam

かまくら祭りのイルミネーション、大変綺麗でした。
そして秘密兵器クロスフィルターも素晴らしいアイテムでした。

20130209_185
20130209_185 posted by (C)sumomojam

20130209_186
20130209_186 posted by (C)sumomojam

ラストは佐野SAに立寄りトイレ休憩しました。
冬のバスツアー、雪を見るツアーの選択は正解でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

歩くツアーに参加する2

  1. 15:32:29
早いもので今月も残り1週間、来週末はもう師走になります。
昨年、秋のバスツアーに参加し始めた私ですが、昨年は無かった「催行中止」をもう今年は2度も経験してしまいました。
催行中止と言うのは、いわゆる募集人数に至らずという理由かと思われますが、今年、経験した催行中止のツアーはいずれも山梨県の富士五湖がらみのもので、そういう通知は大体10日〜1週間前に郵送で届きます。

催行中止になったツアーは、

10月7日出発の
秋色染まる富士スバルライン爽快ドライブ!
標高約2300mの富士山5合目 山中湖&河口湖山梨2大湖周遊&湧水の里・忍野八海
6,980円

11月29日出発の
特製!山梨地場産「富士桜ポーク」弁当付き
秋の富士山ぐるっと1周!絶景の朝霧高原河口湖・本栖湖リゾート&富士五湖周遊
7,980円

の二つでした。

昨年も5合目には行ってきたのですが、忍野八海で唐辛子味噌を購入したくって申し込んだのですが、催行中止。
さらに、富士五湖越しの富士山を拝みたいと申し込んだものも催行中止。

私の場合、2か月くらい前から予定しているものなので、通知が届くと、一寸ショックです。

催行中止を知らせる手紙にはこちらは如何ですかと言うように、
「ご旅行中止のお詫びとご案内」という文書と共に、旅行会社が選んだ5つのツアーのパンフレットが同封されてきます。

でも、いずれの場合も自分の好みではなかったので、自分で再度HPで希望のツアーを探すことになります。

後者の旅行中止の案内は、3日前に届きました。
この時期、ツアーを探すと、年末〜来年3月くらいの催行のツアーがヒットします。年末の場合、忘年会ツアー的な温泉入浴付きだとか食べ放題だとか、イルミネーションを眺めるもの、若しくはこの後紅葉のシーズンを迎える場所へのツアーが多いようです。年始のツアーは初詣関係になります。そして、2月3月のツアーは梅・菜の花・河津桜関係のツアーが主になります。

まだ、確定ではありませんが、私は今年三つ目のツアーは、紅葉ものにしました。また行って来ましたら、その様子をご紹介させていただきます。

さて、今回は先日10月29日に行ってきました「歩く」をテーマとしたツアーの続き、山梨県の昇仙峡に行った際の写真をご紹介します。

その前にマップのリンクを貼っておきます。
http://crystal-sound.net/walk/syosenkyo.pdf

マップで言うところのBコースを行きました。
市営駐車場→遊歩道→石門→覚円峰→仙娥滝(距離:2辧⊇衢兒間:40分)のルートです。

20121029_109
20121029_109 posted by (C)sumomojam

20121029_110
20121029_110 posted by (C)sumomojam

20121029_111
20121029_111 posted by (C)sumomojam

20121029_112
20121029_112 posted by (C)sumomojam

20121029_113
20121029_113 posted by (C)sumomojam

20121029_114
20121029_114 posted by (C)sumomojam

20121029_115
20121029_115 posted by (C)sumomojam

20121029_116
20121029_116 posted by (C)sumomojam

20121029_117
20121029_117 posted by (C)sumomojam

20121029_118
20121029_118 posted by (C)sumomojam

20121029_119
20121029_119 posted by (C)sumomojam

20121029_120
20121029_120 posted by (C)sumomojam

20121029_121
20121029_121 posted by (C)sumomojam

20121029_122
20121029_122 posted by (C)sumomojam

20121029_123
20121029_123 posted by (C)sumomojam

20121029_124
20121029_124 posted by (C)sumomojam

20121029_125
20121029_125 posted by (C)sumomojam

20121029_126
20121029_126 posted by (C)sumomojam

20121029_127
20121029_127 posted by (C)sumomojam

20121029_128
20121029_128 posted by (C)sumomojam

20121029_129
20121029_129 posted by (C)sumomojam

Bコースの場合、渓流を見ながら歩く道が前半余りないので、一寸脇道に入り渓流沿いに降りてみることにしました。

20121029_130
20121029_130 posted by (C)sumomojam

20121029_131
20121029_131 posted by (C)sumomojam

しかし、ここから渓流を見ながら歩くコースは無いので、再び元の道に戻ることになりました。

20121029_132
20121029_132 posted by (C)sumomojam

20121029_133
20121029_133 posted by (C)sumomojam

20121029_134
20121029_134 posted by (C)sumomojam

20121029_135
20121029_135 posted by (C)sumomojam

20121029_136
20121029_136 posted by (C)sumomojam

20121029_137
20121029_137 posted by (C)sumomojam

20121029_138
20121029_138 posted by (C)sumomojam

20121029_139
20121029_139 posted by (C)sumomojam

覚円峰を見ながら、前に進んでいきます。とても良い天気で覚円峰がどの位置からも綺麗に見えます。

20121029_140
20121029_140 posted by (C)sumomojam

20121029_141
20121029_141 posted by (C)sumomojam

20121029_142
20121029_142 posted by (C)sumomojam

20121029_143
20121029_143 posted by (C)sumomojam

20121029_144
20121029_144 posted by (C)sumomojam

20121029_145
20121029_145 posted by (C)sumomojam

20121029_146
20121029_146 posted by (C)sumomojam

20121029_147
20121029_147 posted by (C)sumomojam

20121029_148
20121029_148 posted by (C)sumomojam

20121029_149
20121029_149 posted by (C)sumomojam

20121029_150
20121029_150 posted by (C)sumomojam

20121029_151
20121029_151 posted by (C)sumomojam

20121029_152
20121029_152 posted by (C)sumomojam

20121029_153
20121029_153 posted by (C)sumomojam

20121029_154
20121029_154 posted by (C)sumomojam

20121029_155
20121029_155 posted by (C)sumomojam

何処からともなくニャーニャーと鳴き声が聞こえてきました。
ソフトクリーム屋さんの屋根の上で白猫と黒猫が鬼ごっこをしていました。

20121029_156
20121029_156 posted by (C)sumomojam

20121029_157
20121029_157 posted by (C)sumomojam

20121029_158
20121029_158 posted by (C)sumomojam

20121029_159
20121029_159 posted by (C)sumomojam

20121029_160
20121029_160 posted by (C)sumomojam

20121029_161
20121029_161 posted by (C)sumomojam

20121029_162
20121029_162 posted by (C)sumomojam

20121029_163
20121029_163 posted by (C)sumomojam

20121029_164
20121029_164 posted by (C)sumomojam

20121029_165
20121029_165 posted by (C)sumomojam

20121029_166
20121029_166 posted by (C)sumomojam

20121029_167
20121029_167 posted by (C)sumomojam

20121029_168
20121029_168 posted by (C)sumomojam

20121029_169
20121029_169 posted by (C)sumomojam

20121029_170
20121029_170 posted by (C)sumomojam

20121029_171
20121029_171 posted by (C)sumomojam

20121029_172
20121029_172 posted by (C)sumomojam

20121029_173
20121029_173 posted by (C)sumomojam

20121029_174
20121029_174 posted by (C)sumomojam

20121029_175
20121029_175 posted by (C)sumomojam

20121029_176
20121029_176 posted by (C)sumomojam

20121029_177
20121029_177 posted by (C)sumomojam

絶景の石門です。

20121029_178
20121029_178 posted by (C)sumomojam

20121029_179
20121029_179 posted by (C)sumomojam

20121029_180
20121029_180 posted by (C)sumomojam

石門、繋がっているように見えても、反対側から見るとこのように隙間が開いています。

20121029_181
20121029_181 posted by (C)sumomojam

20121029_182
20121029_182 posted by (C)sumomojam

20121029_183
20121029_183 posted by (C)sumomojam

20121029_184
20121029_184 posted by (C)sumomojam

20121029_185
20121029_185 posted by (C)sumomojam

20121029_186
20121029_186 posted by (C)sumomojam

20121029_187
20121029_187 posted by (C)sumomojam

20121029_188
20121029_188 posted by (C)sumomojam

20121029_189
20121029_189 posted by (C)sumomojam

20121029_190
20121029_190 posted by (C)sumomojam

20121029_191
20121029_191 posted by (C)sumomojam

20121029_192
20121029_192 posted by (C)sumomojam

20121029_193
20121029_193 posted by (C)sumomojam

20121029_194
20121029_194 posted by (C)sumomojam

20121029_195
20121029_195 posted by (C)sumomojam

20121029_196
20121029_196 posted by (C)sumomojam

いよいよ仙娥滝が現れました。

20121029_197
20121029_197 posted by (C)sumomojam

20121029_198
20121029_198 posted by (C)sumomojam

20121029_199
20121029_199 posted by (C)sumomojam

20121029_200
20121029_200 posted by (C)sumomojam

20121029_201
20121029_201 posted by (C)sumomojam

仙娥滝の美しいブルーを見ながら横にある石段を登って行きます。

20121029_202
20121029_202 posted by (C)sumomojam

20121029_203
20121029_203 posted by (C)sumomojam

20121029_204
20121029_204 posted by (C)sumomojam

20121029_205
20121029_205 posted by (C)sumomojam

20121029_206
20121029_206 posted by (C)sumomojam

20121029_207
20121029_207 posted by (C)sumomojam

20121029_208
20121029_208 posted by (C)sumomojam

20121029_209
20121029_209 posted by (C)sumomojam

20121029_210
20121029_210 posted by (C)sumomojam

20121029_211
20121029_211 posted by (C)sumomojam

登り切るとそこには大鳥居が有りました。

20121029_212
20121029_212 posted by (C)sumomojam

20121029_213
20121029_213 posted by (C)sumomojam

季節はちょうどハロウィンの頃でした。
カボチャのディスプレイがそこここに見られます。

20121029_214
20121029_214 posted by (C)sumomojam

20121029_215
20121029_215 posted by (C)sumomojam

20121029_216
20121029_216 posted by (C)sumomojam

20121029_217
20121029_217 posted by (C)sumomojam

20121029_218
20121029_218 posted by (C)sumomojam

20121029_219
20121029_219 posted by (C)sumomojam

20121029_220
20121029_220 posted by (C)sumomojam

20121029_221
20121029_221 posted by (C)sumomojam

20121029_222
20121029_222 posted by (C)sumomojam

20121029_223
20121029_223 posted by (C)sumomojam

20121029_224
20121029_224 posted by (C)sumomojam

20121029_225
20121029_225 posted by (C)sumomojam

20121029_226
20121029_226 posted by (C)sumomojam

20121029_227
20121029_227 posted by (C)sumomojam

20121029_228
20121029_228 posted by (C)sumomojam

20121029_229
20121029_229 posted by (C)sumomojam

20121029_230
20121029_230 posted by (C)sumomojam

20121029_231
20121029_231 posted by (C)sumomojam

20121029_232
20121029_232 posted by (C)sumomojam

20121029_233
20121029_233 posted by (C)sumomojam

20121029_234
20121029_234 posted by (C)sumomojam

20121029_235
20121029_235 posted by (C)sumomojam

20121029_236
20121029_236 posted by (C)sumomojam

20121029_237
20121029_237 posted by (C)sumomojam

20121029_238
20121029_238 posted by (C)sumomojam

20121029_239
20121029_239 posted by (C)sumomojam

午後3時20分過ぎ、ほうとう会館前の駐車場集合でした。
前半の大柳川渓谷とは違い、一度来たことのあるこの昇仙峡はアップダウンも少なく、道も整備されているので楽に歩けました。
帰りは、狭山SAでトイレ休憩に立寄りました。

20121029_240
20121029_240 posted by (C)sumomojam

20121029_241
20121029_241 posted by (C)sumomojam

「歩く」をテーマにしたこのツアー、さすがに翌日以降足は筋肉痛でしたが、とても楽しく歩くことが出来ました。ツアー客のマナーもとても良く、旅慣れた人たちが多かったように感じました。

さて、今日は湯島天神の菊まつり最終日です。
私は先週通院で行ってきました。
恒例の大河ドラマに因んだ菊人形も5体展示されており、例年同様立派な菊まつりです。その様子も後日ご紹介します。
そして、この三連休は、東大駒場キャンパスでは「駒場祭」が催されているようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

歩くツアーに参加する

  1. 03:02:43
バスツアーの場合、色々なところを見学したり、食べたり、タイアップしている土産物屋さん巡りをしたりというものが多いのですが、見たいところの一部しか見られないという不満を抱くことが有ります。
そんな不満を解決してくれそうなツアーとして、ある程度、見学地を絞り、そして時間をたっぷりととって、自然を堪能できる「歩く」テーマのツアーはもってこいだと思いました。

今回は、山梨県の大柳川渓谷と昇仙峡とを歩くツアーを選択しました。
大柳川渓谷は、全部で10個の吊橋が有ったり、滝や渓流を見ながら初級レベルのハイキングが楽しめますと有りました。

出発時間は、春日部を6時50分発、せんげん台を7時20分発、南越谷を7時50分発となっておりましたが、せんげん台には乗降客なしと言うことで南越谷に立寄り、草加から外環自動車道に乗り、談合坂SAでトイレ休憩をとり、大柳川渓谷に向かいました。

20121029_001
20121029_001 posted by (C)sumomojam

20121029_002
20121029_002 posted by (C)sumomojam

20121029_003
20121029_003 posted by (C)sumomojam

20121029_004
20121029_004 posted by (C)sumomojam

20121029_005
20121029_005 posted by (C)sumomojam

20121029_006
20121029_006 posted by (C)sumomojam

どんなところを歩くのかマップが有りましたので、リンクを貼り付けておきます。
http://www.town.fujikawa.yamanashi.jp/kanko/shizen/img/20110530160122698.pdf

20121029_007
20121029_007 posted by (C)sumomojam

20121029_008
20121029_008 posted by (C)sumomojam

20121029_009
20121029_009 posted by (C)sumomojam

20121029_010
20121029_010 posted by (C)sumomojam

20121029_011
20121029_011 posted by (C)sumomojam

20121029_012
20121029_012 posted by (C)sumomojam

20121029_013
20121029_013 posted by (C)sumomojam

20121029_014
20121029_014 posted by (C)sumomojam

20121029_015
20121029_015 posted by (C)sumomojam

20121029_016
20121029_016 posted by (C)sumomojam

20121029_017
20121029_017 posted by (C)sumomojam

20121029_018
20121029_018 posted by (C)sumomojam

20121029_019
20121029_019 posted by (C)sumomojam

20121029_020
20121029_020 posted by (C)sumomojam

20121029_021
20121029_021 posted by (C)sumomojam

20121029_022
20121029_022 posted by (C)sumomojam

20121029_023
20121029_023 posted by (C)sumomojam

20121029_024
20121029_024 posted by (C)sumomojam

20121029_025
20121029_025 posted by (C)sumomojam

20121029_026
20121029_026 posted by (C)sumomojam

20121029_027
20121029_027 posted by (C)sumomojam

20121029_028
20121029_028 posted by (C)sumomojam

20121029_029
20121029_029 posted by (C)sumomojam

20121029_030
20121029_030 posted by (C)sumomojam

20121029_031
20121029_031 posted by (C)sumomojam

20121029_032
20121029_032 posted by (C)sumomojam

20121029_033
20121029_033 posted by (C)sumomojam

20121029_034
20121029_034 posted by (C)sumomojam

20121029_035
20121029_035 posted by (C)sumomojam

20121029_036
20121029_036 posted by (C)sumomojam

20121029_037
20121029_037 posted by (C)sumomojam

20121029_038
20121029_038 posted by (C)sumomojam

20121029_039
20121029_039 posted by (C)sumomojam

20121029_040
20121029_040 posted by (C)sumomojam

20121029_041
20121029_041 posted by (C)sumomojam

20121029_042
20121029_042 posted by (C)sumomojam

20121029_043
20121029_043 posted by (C)sumomojam

20121029_044
20121029_044 posted by (C)sumomojam

20121029_045
20121029_045 posted by (C)sumomojam

20121029_046
20121029_046 posted by (C)sumomojam

20121029_047
20121029_047 posted by (C)sumomojam

20121029_048
20121029_048 posted by (C)sumomojam

20121029_049
20121029_049 posted by (C)sumomojam

20121029_050
20121029_050 posted by (C)sumomojam

20121029_051
20121029_051 posted by (C)sumomojam

20121029_052
20121029_052 posted by (C)sumomojam

20121029_053
20121029_053 posted by (C)sumomojam

20121029_054
20121029_054 posted by (C)sumomojam

20121029_055
20121029_055 posted by (C)sumomojam

20121029_056
20121029_056 posted by (C)sumomojam

20121029_057
20121029_057 posted by (C)sumomojam

20121029_058
20121029_058 posted by (C)sumomojam

20121029_059
20121029_059 posted by (C)sumomojam

20121029_060
20121029_060 posted by (C)sumomojam

20121029_061
20121029_061 posted by (C)sumomojam

20121029_062
20121029_062 posted by (C)sumomojam

20121029_063
20121029_063 posted by (C)sumomojam

20121029_064
20121029_064 posted by (C)sumomojam

20121029_065
20121029_065 posted by (C)sumomojam

20121029_066
20121029_066 posted by (C)sumomojam

20121029_067
20121029_067 posted by (C)sumomojam

20121029_068
20121029_068 posted by (C)sumomojam

20121029_069
20121029_069 posted by (C)sumomojam

20121029_070
20121029_070 posted by (C)sumomojam

20121029_071
20121029_071 posted by (C)sumomojam

20121029_072
20121029_072 posted by (C)sumomojam

20121029_073
20121029_073 posted by (C)sumomojam

20121029_074
20121029_074 posted by (C)sumomojam

20121029_075
20121029_075 posted by (C)sumomojam

20121029_076
20121029_076 posted by (C)sumomojam

20121029_077
20121029_077 posted by (C)sumomojam

20121029_078
20121029_078 posted by (C)sumomojam

20121029_079
20121029_079 posted by (C)sumomojam

20121029_080
20121029_080 posted by (C)sumomojam

20121029_081
20121029_081 posted by (C)sumomojam

20121029_082
20121029_082 posted by (C)sumomojam

20121029_083
20121029_083 posted by (C)sumomojam

20121029_084
20121029_084 posted by (C)sumomojam

20121029_085
20121029_085 posted by (C)sumomojam

20121029_086
20121029_086 posted by (C)sumomojam

20121029_087
20121029_087 posted by (C)sumomojam

20121029_088
20121029_088 posted by (C)sumomojam

20121029_089
20121029_089 posted by (C)sumomojam

20121029_090
20121029_090 posted by (C)sumomojam

20121029_091
20121029_091 posted by (C)sumomojam

20121029_092
20121029_092 posted by (C)sumomojam

20121029_093
20121029_093 posted by (C)sumomojam

鹿の角が屋根の上に干されていました。
主婦の参加者が教えてくれました。
さらに鹿肉が美味しいとか。

20121029_094
20121029_094 posted by (C)sumomojam

20121029_095
20121029_095 posted by (C)sumomojam

20121029_096
20121029_096 posted by (C)sumomojam

20121029_097
20121029_097 posted by (C)sumomojam

20121029_098
20121029_098 posted by (C)sumomojam

20121029_099
20121029_099 posted by (C)sumomojam

ここ、つくたべ館で、ツアーで出されたおにぎり弁当を食べるのには、何かこの店で注文することが条件とか。
私はブルーベリーソフトクリームを頼みました。
パートのオバサンが記憶だけで注文をとるのですが、オバサンの記憶力には限界があり、そのキャパも小さすぎるので、3個以上の注文は訊けません。
さらにソフトクリームが8種類くらいあるのですが、ノーマルなバニラはすでに品切れでした。

20121029_100
20121029_100 posted by (C)sumomojam

20121029_101
20121029_101 posted by (C)sumomojam

20121029_102
20121029_102 posted by (C)sumomojam

20121029_103
20121029_103 posted by (C)sumomojam

20121029_104
20121029_104 posted by (C)sumomojam

20121029_105
20121029_105 posted by (C)sumomojam

20121029_106
20121029_106 posted by (C)sumomojam

20121029_107
20121029_107 posted by (C)sumomojam

20121029_108
20121029_108 posted by (C)sumomojam

大柳川渓谷、ラストの一枚は紅葉。
当日の10月29日は、快晴。山梨県はこの時点でまだ紅葉はほとんどありませんでした。

ルートは「のんびり行こう吊り橋散策コース」(約1時間・約2辧
大柳川渓流公園→竜門橋→竜神橋→やませみ橋→竜仙橋→天渕橋→かわせみ橋→観音橋→もみじ橋→(車道に出る)→やまたべ館→十谷観光駐車場→大柳川渓流公園
と言う順路で回りました。

時間はかなり余裕を持たせて、約2時間くれていましたので、昼食をとるのも、寄り道するのも心配ありませんでした。このコースですと、10個の吊橋のうち8個しか渡れません。実は出発前は、9個くらい渡って来ようかと思っておりましたが、バテました。また、ハイキング出発前にバスの中で食事を済ませてしまおうかと思っておりましたが、これは実行しないで正解でした。
食べてあの登り降りをしていたら、吐いてしまったかもしれません。
続きの昇仙峡の方の報告は、次回にします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

奥日光・上州へのバス旅行 後編

  1. 06:56:00
日光に行ってから早や2週間が経過しました。
今日は、一の酉、今年はあと20日にある二の酉で最期のようです。
毎年、11月に入ると思うことは、年賀状と酉の市、そして湯島天神の菊まつりです。後日通院の折、湯島天神には訪問予定ですが、酉の市の日程ではないので、今年も都内ではなく別の場所を検討しようと考えています。
以前にも調べましたが、酉の市は地域によっては11月ではなく12月の日程で、西新井大師では12月21日(土)に納めの大師(酉の市)、越谷香取神社では12月2日(日)におかめのいち(酉の市)、粕壁神明神社では12月14日(金)に酉の市、越谷久伊豆神社では12月15日(土)に縁起市(酉の市)として催される予定のようです。まあ、他にも予定は書かれていましたが、行くとしたらこの四か所くらいだと思われます。

さて、今回も奥日光・上州のバス旅行の様子をご紹介しますが、前回の湯滝から移動したのは、あんよの湯と呼ばれる足湯を楽しめる場所です。ただし、私は添乗員さんに付いて日光湯元温泉の源泉のある湯畑がある場所に向かうこととしました。これは、前回にも軽く触れていますが、今回のツアーは紅葉の時期とも重なり人気が有ったようで、41人乗りのバスが2台チャーターされました。また、他にもツアーが有ります。そしてあんよの湯自体の施設の広さが、30名くらいで一杯になってしまうと言うことから、回避したのです。

20121025_128
20121025_128 posted by (C)sumomojam

20121025_129
20121025_129 posted by (C)sumomojam

20121025_130
20121025_130 posted by (C)sumomojam

20121025_131
20121025_131 posted by (C)sumomojam

20121025_132
20121025_132 posted by (C)sumomojam

20121025_133
20121025_133 posted by (C)sumomojam

20121025_134
20121025_134 posted by (C)sumomojam

20121025_135
20121025_135 posted by (C)sumomojam

20121025_136
20121025_136 posted by (C)sumomojam

20121025_137
20121025_137 posted by (C)sumomojam

20121025_138
20121025_138 posted by (C)sumomojam

20121025_139
20121025_139 posted by (C)sumomojam

20121025_140
20121025_140 posted by (C)sumomojam

20121025_141
20121025_141 posted by (C)sumomojam

20121025_142
20121025_142 posted by (C)sumomojam

20121025_143
20121025_143 posted by (C)sumomojam

20121025_144
20121025_144 posted by (C)sumomojam

20121025_145
20121025_145 posted by (C)sumomojam

20121025_146
20121025_146 posted by (C)sumomojam

20121025_147
20121025_147 posted by (C)sumomojam

20121025_148
20121025_148 posted by (C)sumomojam

20121025_149
20121025_149 posted by (C)sumomojam

20121025_150
20121025_150 posted by (C)sumomojam

20121025_151
20121025_151 posted by (C)sumomojam

20121025_152
20121025_152 posted by (C)sumomojam

20121025_153
20121025_153 posted by (C)sumomojam

20121025_154
20121025_154 posted by (C)sumomojam

20121025_155
20121025_155 posted by (C)sumomojam

20121025_156
20121025_156 posted by (C)sumomojam

20121025_157
20121025_157 posted by (C)sumomojam

20121025_158
20121025_158 posted by (C)sumomojam

20121025_159
20121025_159 posted by (C)sumomojam

20121025_160
20121025_160 posted by (C)sumomojam

20121025_161
20121025_161 posted by (C)sumomojam

20121025_162
20121025_162 posted by (C)sumomojam

20121025_163
20121025_163 posted by (C)sumomojam

20121025_164
20121025_164 posted by (C)sumomojam

20121025_165
20121025_165 posted by (C)sumomojam

20121025_166
20121025_166 posted by (C)sumomojam

20121025_167
20121025_167 posted by (C)sumomojam

20121025_168
20121025_168 posted by (C)sumomojam

20121025_169
20121025_169 posted by (C)sumomojam

20121025_170
20121025_170 posted by (C)sumomojam

湯畑の先に進むと温泉寺が有り、この温泉寺の参道を進むとバスなどの駐車場が有りました。周りの景色を眺めながら集合時間前までを過ごしました。

20121025_172
20121025_172 posted by (C)sumomojam

20121025_173
20121025_173 posted by (C)sumomojam

20121025_174
20121025_174 posted by (C)sumomojam

20121025_175
20121025_175 posted by (C)sumomojam

20121025_176
20121025_176 posted by (C)sumomojam

20121025_177
20121025_177 posted by (C)sumomojam

20121025_178
20121025_178 posted by (C)sumomojam

20121025_179
20121025_179 posted by (C)sumomojam

20121025_180
20121025_180 posted by (C)sumomojam

20121025_181
20121025_181 posted by (C)sumomojam

20121025_182
20121025_182 posted by (C)sumomojam

20121025_183
20121025_183 posted by (C)sumomojam

20121025_184
20121025_184 posted by (C)sumomojam

20121025_185
20121025_185 posted by (C)sumomojam

20121025_186
20121025_186 posted by (C)sumomojam

時刻は午後2時40分過ぎ、この後、バスは国道120号線(別名:日本ロマンチック街道)を進み、金精峠を抜け、栃木県日光市から群馬県利根郡片品村、そして沼田市へ進みました。途中、湯ノ湖や丸沼などを車窓から眺めながら、次の目的地、吹割の滝へと進みました。

20121025_187
20121025_187 posted by (C)sumomojam

湯ノ湖(車窓)です。

20121025_188
20121025_188 posted by (C)sumomojam

日光市(車窓)です。

20121025_189
20121025_189 posted by (C)sumomojam

20121025_190
20121025_190 posted by (C)sumomojam

時刻は午後3時50分過ぎ、吹割の滝の駐車場に到着しました。
ここから土産物店沿いを進み吹割の滝見学に向かいます。

20121025_191
20121025_191 posted by (C)sumomojam

20121025_192
20121025_192 posted by (C)sumomojam

20121025_193
20121025_193 posted by (C)sumomojam

20121025_194
20121025_194 posted by (C)sumomojam

20121025_195
20121025_195 posted by (C)sumomojam

20121025_196
20121025_196 posted by (C)sumomojam

20121025_197
20121025_197 posted by (C)sumomojam

20121025_198
20121025_198 posted by (C)sumomojam

20121025_199
20121025_199 posted by (C)sumomojam

20121025_200
20121025_200 posted by (C)sumomojam

20121025_201
20121025_201 posted by (C)sumomojam

20121025_202
20121025_202 posted by (C)sumomojam

20121025_203
20121025_203 posted by (C)sumomojam

20121025_204
20121025_204 posted by (C)sumomojam

20121025_205
20121025_205 posted by (C)sumomojam

20121025_206
20121025_206 posted by (C)sumomojam

20121025_207
20121025_207 posted by (C)sumomojam

20121025_208
20121025_208 posted by (C)sumomojam

20121025_209
20121025_209 posted by (C)sumomojam

同じ滝の風景を撮るのにもシャッタースピードなどの条件を変えるだけで、違った風景に見えてきます。ただシャッタースピードを変えると、当然、暗く写ってしまうので、ISO感度を上げる必要が出てきます。
シャッタースピードを速くすることで水の流れが細い糸のように見えてくるのが解ります。

20121025_210
20121025_210 posted by (C)sumomojam

20121025_211
20121025_211 posted by (C)sumomojam

20121025_212
20121025_212 posted by (C)sumomojam

20121025_213
20121025_213 posted by (C)sumomojam

20121025_214
20121025_214 posted by (C)sumomojam

20121025_215
20121025_215 posted by (C)sumomojam

20121025_216
20121025_216 posted by (C)sumomojam

20121025_217
20121025_217 posted by (C)sumomojam

20121025_218
20121025_218 posted by (C)sumomojam

20121025_219
20121025_219 posted by (C)sumomojam

20121025_220
20121025_220 posted by (C)sumomojam

20121025_221
20121025_221 posted by (C)sumomojam

20121025_222
20121025_222 posted by (C)sumomojam

20121025_223
20121025_223 posted by (C)sumomojam

20121025_224
20121025_224 posted by (C)sumomojam

20121025_225
20121025_225 posted by (C)sumomojam

20121025_226
20121025_226 posted by (C)sumomojam

20121025_227
20121025_227 posted by (C)sumomojam

20121025_228
20121025_228 posted by (C)sumomojam

20121025_229
20121025_229 posted by (C)sumomojam

20121025_230
20121025_230 posted by (C)sumomojam

20121025_231
20121025_231 posted by (C)sumomojam

20121025_232
20121025_232 posted by (C)sumomojam

20121025_233
20121025_233 posted by (C)sumomojam

20121025_234
20121025_234 posted by (C)sumomojam

20121025_235
20121025_235 posted by (C)sumomojam

20121025_236
20121025_236 posted by (C)sumomojam

20121025_237
20121025_237 posted by (C)sumomojam

20121025_238
20121025_238 posted by (C)sumomojam

20121025_239
20121025_239 posted by (C)sumomojam

20121025_240
20121025_240 posted by (C)sumomojam

20121025_241
20121025_241 posted by (C)sumomojam

20121025_242
20121025_242 posted by (C)sumomojam

20121025_243
20121025_243 posted by (C)sumomojam

20121025_244
20121025_244 posted by (C)sumomojam

20121025_245
20121025_245 posted by (C)sumomojam

20121025_246
20121025_246 posted by (C)sumomojam

20121025_247
20121025_247 posted by (C)sumomojam

20121025_248
20121025_248 posted by (C)sumomojam

時刻は午後4時半近く、日の入り時刻が4時54分ですから、もうだいぶ日が落ちてきました。行きに通った土産物店を覗きながら、駐車場に戻ります。

20121025_249
20121025_249 posted by (C)sumomojam

20121025_250
20121025_250 posted by (C)sumomojam

20121025_251
20121025_251 posted by (C)sumomojam

20121025_252
20121025_252 posted by (C)sumomojam

20121025_253
20121025_253 posted by (C)sumomojam

20121025_254
20121025_254 posted by (C)sumomojam

ツアーはこの後、果実の里原田農園にて、山の幸グルメコースの夕食をいただき、沼田ICより高速に乗り帰途につくことになります。
山の幸グルメコースの内容は、キノコ鍋、マツタケご飯、マイタケなどの天ぷら、キノコのお刺身、茶そば、モンブランなど、結構盛りだくさんの豪華なものでした。春日部には午後8時半頃に到着し、楽しい一日を終えました。

滝を見る旅は、昨年袋田の滝に行きましたが、また違った良さがあるいい旅になりました。紅葉も日光では綺麗に色付いており、素晴らしい眺めを堪能できました。滝見物以外に立木観音も見事で、お坊様の丁寧な説明を聴くことができたのも、この旅ならではだったと思います。昼食のお弁当の中身も満足な、7980円のこの旅、当たりだったと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved