生活〜namakatsu

 
 

TV三昧

  1. 23:40:23
鬱陶しい雨の中、外出もできず、TV三昧でした。
ダービーは買わなくて良かった系。
しかし、残り一社の結果がまさか郵送で来るとは予想外でした。
封筒の厚みでダメだったことはすぐに察しがつきました。
明日、また職安に並ばなければ。

今日は、TV三昧でした。
ウチくる!?→新婚さんいらっしゃい→パネルクイズアタック25→このあとザッピング→競馬中継→廣済堂レディスゴルフ→鋼の錬金術師FA→(寝ちゃいました)→ダーウィンが来た!生き物新伝説→天地人→エチカの鏡→行列のできる法律相談所→おしゃれイズム→ゴルゴ13と来てます。

ウチくる!?では、西山茉希さんが、浅草キッドと格闘技番組アシスタント時代の逸話を紹介されましたが、それよりも、何度か見ている浅草キッドのスキー場か何かで、発泡スチロールのサイコロの中にそれぞれが入り転がっていくシーンに爆笑させてもらいました。
たけし軍団、スーパージョッキーとかで、結構危ないことしてましたね。
当時のダチョウさんとかでも、笑いにしてましたが、たまに恐怖心が表情に表れてましたものね。
西山茉希さんは、お父さんのビデオやおばあちゃんの手紙で、涙してました。

競馬の方は、やはり雨で馬場が重馬場になり、本命が12着。
クラシック前回の皐月賞で一番人気だったのにもかかわらず、14着で終わってしまった横山典弘鞍上のロジユニバースが、優勝しました。
横山騎手、15回目のチャレンジでようやくダービーを制覇されました。
意外なのは、2着に武豊騎手鞍上のリーチザクラウンだったこと。
こちらも、皐月賞2番人気だったのにもかかわらず、13着に終わっていた馬です。
結果的には、皐月賞組の勝利。
青葉賞組から購入を考えていたので、買わずに正解でした。

ゴルフは、昨年あたりから、観るようになりました。
自分ではしません。
しかも、観るのは女子ゴルフだけ。
親父さんが横峯さくらさんを応援しているので、私もそれに便乗しています。
今シーズンは、昨シーズンからの安定性をさらに増した横峯さんの成績が、好調なので、応援し甲斐があります。
今日も、今シーズン2勝目。ご本人の目標は最低でも3勝で、賞金女王になることを公言されています。

さて、今日の天地人は、真田幸村が登場です。
「真田太平記」という池波正太郎さんの作品をご存知の方は、真田昌之(幸村の父)の代からの真田家の今後の流れを理解されていると思いますが、今作品では、幸村の姉の働きで、上杉家に人質に出されることになっています。
「真田太平記」は、大好きでDVD-BOXを上下巻ともに購入しました。
草のもの、猿飛佐助、霧隱才蔵を始めとした真田十勇士、おそらく天地人では登場しないんだろうなあ。

エチカの鏡では、子供の隠れた才能をいかに引き出すかとう英才教育の特集でした。
園児に子供の4つの欲求を刺激することで、集中力を持って、絶対音感や跳び箱、宙返り、読み書き、九九、読書、自習と自主的にやれる子供にしていきます。
カタカナ、ひらがなを、画数や曲線のないものから順番に学ばせる考えは、理にかなっていると思いました。
4つの欲求とは、以下のものだそうです。
●競争が好き
●真似が好き
●克服可能な挑戦が好き
●褒められ好き(認められることが好き)

たしかに、フムフムと感心します。
私も、跳び箱が苦手でしたが、悔しくて頑張った覚えがあります。
そしてそれができた時、先生も同級生もみんなが褒めてくれ、嬉しかった覚えがあります。
競争で成長することができるのに、今の学校教育は競争心を削ぐことに徹しています。
番組では、最近の新人は、打たれ弱いこと、挫折を知らないで成長してしまった結果だと結んでいました。

これを実行している幼稚園の経営をしているのが横峯さくらさんの叔父さんらしいです。

行列のできる法律相談所は、キリンカップの放送の関係で、30分押し。
トライアスロンでした。
東野幸治さん、菊池幸夫弁護士(スキンヘッドの筋肉質の人)、本村健太郎弁護士(山崎邦正似の俳優もしている先生)の三人が石垣島のトライアスロンに参加されました。
全員完走しましたが、東野さんは、見事300位以内に入り、菊池先生も自転車で走りだしたのち、ゼッケンを忘れたことに気づき、戻ったにもかかわらず、500位以内、途中で棄権するかもしれないと言っていた本村弁護士も1000位以内でゴールされました。
劇的なシーンの演出でしょうが、正直なところ、やはりBGMのSOMEDAYは、不要です。

おしゃれイズムでは、岡田准一さんが、また江頭2:50のマネのことを言われてました。
黒バラも終わっちゃったので、風呂にでも入るか。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

安住さん

  1. 12:35:34
今朝は、就寝時間が午前4時半を回っていたのにもかかわらず、10時前の起床です。
久しぶりに「安住紳一郎の日曜天国(通称「にち10(ニチテン)」)」を全部聴きました。
番組の冒頭、愛社精神の強い安住アナは、「全国子供電話相談室・リアル」でアナウンサーを目指す少女二人が、日テレの西尾アナと話したいという希望に対し、番組司会者の山本シュウさんが、願いを叶えてあげられるように取り計らうという内容に対し、なぜ、TBSにいながらTBSアナの話に一つもならないのか、激怒しておりました。
何よりも、この放送を聴いてTBSの女子アナは、誰も憤りを持たないのかと怒りを露わにされてました。
おそらく、同局のアナは誰も聴いてないですね。
さらに、生島ヒロシ(TBSのOB)さんのマニアが、TBSテレビの「クマグス」で現れたことに対し、ラジオで番組を持っている生島さんネタをなぜラジオが先に取り上げないのかなどと、これについても激怒しておられました。
これに対し、彼が担当する番組「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」内の数々の珍プレーをDATの録音から流しました。
生島さんの生放送中の様子、例えば、天気予報中の他のアナウンサーに担当してもらっている最中、それを聴いてないことや、インタビューの最中、スタジオ内で蜂蜜がこぼれたとかで、慌てる様子、年号に弱い話、さらに思いっきりするくしゃみなどを披露されました。
いつものことですが、冒頭のフリートークで、30分以上上記のような展開で始まります。
この模様は、後日、ポッドキャストで聴くことができるでしょう。

彼は、甲子園実況やちゃんぽんなどにも造詣が深く、さらにOPPです。OPPについては、朝の番組で日曜の爽やかな朝に相応しくないと、投書を受けたことがあるそうですが、たまにこのネタを披露されます。これらもオープニングトークで話されているものが、ポッドキャストのバックナンバーで楽しむことができます。

ipodを購入した当初、ポッドキャストに凝りました。
音楽は、自分でネタが解っているので、飽きてしまいます。
それに対し、ポッドキャストのネタは、新鮮です。
ですから、通勤時に聴くために、特定のものをセレクトしてました。
最初の頃は、「宮川賢さんのバツラジ」関係や「大竹まことのゴールデンラジオ」関係を試聴してました。
しかし、ある日見つけた「日天」と「久米宏のラジオなんですけど」を聴き始めたところ、これこそがラジオだと、これらだけにしました。

さて、再来週の6月15日から二週間、またラジオ業界のお祭り、「聴取率(レイティング)週間」が始まります。
明日くらいから、おそらく告知しまくりますので、プレゼント等に興味がある方は、聴いてみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

観なかった

  1. 02:00:59
ようやく長雨のやみ間、サイクリングをしてきました。
久しぶりだったので、グローブをするのを忘れていて、帰ってきたら握力がなくなっていました。
今日はドロップハンドルの握り方を実習してみました。
ドロップハンドルの場合、大きく三種類の握りがあります。
私は初心者ですから、ブレーキが握りやすいことやハンドリングしやすいことだけを考えて乗っていました。
しかし、ドロップハンドルをうまく使いこなすことが、安定した疲れにくいフォームにつながるので、その研究をしたのです。
持つ部分は、次の三種類です。
●フラット部分
●ブラケット部分
●下ハンドル

フラット部分は、肩幅を狭くつぼめるので、窮屈です。さらにスピードも余り出せないようです。
上体が上がってしまうので、風の抵抗も影響します。
私の愛車DEFY3は、フラット部分にもブレーキが付いていますが、上記の理由で余り使いませんし、自転車屋さんからのアドバイスでもここに付いているブレーキは余り効かないと言っておりました。

ブラケット部分、これは具体的に言うとハンドルの両端の上。
ブレーキグリップの上です。
私はここを持つことが多いです。
めったに鳴らしませんが、ベルも鳴らしやすいと思います。
一番自然な形の乗り方です。

今回試そうと思った乗り方が、下ハンドルです。
上体を前かがみに倒しますから、これが一番風の抵抗がなく、サイクリングロードなどで、ブレーキを使う機会が少ない時などは、最も理想的なスタイルだと考えられます。
ただし、初心者にとって、上体が前倒しになるこの視界は、若干恐怖感もあります。

それを試したのに、グローブするのを忘れてしまった。
よって握力がなくなります。
しかも今日はスピードメーターが機能しなかった。
メーターは、スポークについている磁石が、フレーム前方のフロントフォークに設置されている読み取り部分の溝で感知され、スピードや距離が計測されるようです。
私は、仕組みを知らなかったので、購入した自転車屋さんに行って、設定してもらい、前述のからくりをレクチャーしていただきました。

疲れてちょっと横になっていたら、あっという間に、八時過ぎ。
テレビをつけると、めちゃめちゃイケてるッ!が始まっていました。
今週、「男願 Groove!」のキャンペーンで、テレビに出まくってる郷ひろみさんです。
思わず、見入ってしまいました。
ラストでは、あのダンサーの中に、岡村隆史さんが混ざり激しく踊っているではありませんか。
笑っていると、もう終盤です。

なんか、忘れてるぞ。
そう思った時はすでに遅し、MR.BRAINが終わってしまいました。
特に見損なった悔いはないのですが、やはり、土曜の八時は観ずらいですね。
めちゃイケの方が面白いし。

そのあと、鉄道捜査官スペシャルは録画して、風に舞いあがるビニールシート→情報7デイズニュースキャスター→SmaSTATION!!→ZARD坂井泉水の永遠の今という流れです。
もちろん、真マジンガー衝撃!Z編と今夜も生でさだまさしは録画です。

今、自転車に関する書物、そして、ウェア、サングラスを探していました。
書物は、定期購読誌を考えています。
思いのほか、いろんな種類の本が出ています。
先日のブログの内容であった通り、最近、通勤に自転車を利用するビジネスマンが多いとのことで、その関係の本もあります。

私は、あくまで趣味なので、乗るためのコツやアイテムの参考になるもの、もっと範囲を広げると、サイクリングコースのことなどを読みたいと考えています。
一応、これまで、三種類ほどバックナンバーを求めてみました。
●BiCYCLE CLUB→2月号から揃えました
●BICYCLE NAVI→35と36を求めました(年4冊のようです)
●funride→4月号を求めました

観ておわかりの通り、BiCYCLE CLUBが最有力候補でした。
しかし、試しに購入したfunrideも丁寧な解説です。
BICYCLE NAVIは、どちらかというと自転車カタログ的な感じがしました。

はじめてロードバイクを購入した私にとって、車道を走ることや、乗り方、ドロップハンドルを使いこなすこと、変速機の利用方法は、最大の関心事です。
また、水分補給法やファッション、ダイエットの方法ももちろん上記と同レベルで解らないことです。
これらを教えてくれるのが、定期購読誌です。

ウェアは、Tシャツやポロシャツ、下は短パンなどを履いていますが、Tシャツは、実はあまり持っておりませんし、短パンもサドルの痛みを考えると、専用のショーツを利用したいです。

そこで、サイクルシャツやサイクルショーツを検討しているのですが、ウェストが太い私の場合、なかなか見つけにくいです。
試しにXLやXXLのものを購入してみました。
自転車で痩せて、ファッションも楽しめるようになりたいものです。

そして一番の難物がサングラスです。
アイウェアともいうくらい、紫外線対策が必要なようです。
こちら単純に選べないのが、視力が悪いので、度つきレンズが欲しいのです。
サイクルショップでは、メガネ屋さんに行ってくださいと言われ、まだ、悩んでおります。

そんなわけでまだ、ダービーの予想は全くできていません。
ダービーより自転車で痩せることかな。

さて、いよいよ6月に突入ですね。
新番組も始まります。
とは言っても、民放ではありません。
NHKの火曜深夜に「名称の采配」という番組が始まります。
昨夜の戦国BASARAでは、明智光秀と濃姫に、あっけなく徳川家康、上杉謙信、武田信玄が殺されてしまいましたが、戦の戦術を分析してくれるこの番組はちょっと期待しています。
火曜深夜は、録っている番組もなかったので、ちょうど良かったです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

今なの?

  1. 01:22:14
世界仰天ニュースネタ。
上原美優さん、貧乏人の子だくさん。貧困だった。等は、訊いてました。
ですが、突然、毎回世界のネタを報じるはずの番組が、波乱万丈とか金スマ的な番組になったのは、合点がいきませんでした。
観てないです。
なんか悲惨な過去的なものだったんで。

そしたら、やっぱり、観た人の多くが引いたという感想。
昨年、おバカタレントのブームがありましたが、もうすでにピークは過ぎてる気がします。
大抵のおバカは、一発芸人のごとく消えます。
よっぽどの人でない限り、復活もないです。
唯一の手段は、デキ婚後、ママドル路線が女性には残ってます。
お料理タレントの郁恵ちゃん、バラドルの山瀬さんのポストは、空いてます。
もっと言えば、競馬中継の司会のポストもそんなに高くないところにありそうです。

上原さん、中身が薄いのか、いまいち抜け出ません。
可愛らしい子はいくらでもいますし、歌も演技もビジュアルも残念ながら、三流です。
よって、おそらく消えるっていうか、今回のことで結構透けて見えちゃったっていう印象。
日テレもTBSの次に結構四苦八苦してますよね。
上原が世界?これくらいで仰天?

ゴロ的には、ダメタレ、ドン引きニュースだったようです。
改編前のつなぎ企画かな?
たかじんのバーでもやってよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

正攻法ではダメなのね

  1. 23:06:37
今夜は余り観たい番組がないです。
それでも、金スマとか観ちゃいました。
辰吉丈一郎さんと薬師寺保栄さんとの試合。
当時の放送、そのままでも感動的なのに、BGM余計だよね。
ルーキーズを宣伝したいのは解るけれど、露骨すぎ。

どうして、TBSはこんな番宣しかできないんだろう。
せっかくの試合が台無しだ。
当時、観ていたときは、大抵の人がそうだったように、辰吉の応援をしてました。
あの試合は、今見返しても、壮絶です。
辰吉さんは、試合で勝てない限り、日本で試合ができないという大変追い詰められていた状況。

対して、薬師寺さんは、いかにも喧嘩が強そうな、ヤンキーの兄ちゃんのイメージ。
どっちも負けられないメンツがみなぎってました。

ですが、ラグビーのノーサイドのように、試合後、辰吉さんは試合前に薬師寺さんに対して行った数々の挑発的な言動を詫び、敗者のインタビューでは勝者を称え、自分はベストな状態で、チャンピオンの薬師寺さんが、大変強かったと述べられました。

薬師寺さんの方も、試合後の辰吉さんからの詫びを素直にとって、試合の結果は紙一重であり、自分が負けてもおかしくなかったと、辰吉さんを称えます。

お互いに死力をつくしたのは、リング解説をしていた具志堅さんのコメントでも解ります。
具志堅さんたちは、みな、試合中、辰吉さんの左目のことを心配し、セコンドに試合をやめること(タオルを投げ入れる)を勧めていたように聴き取れます。
しかし、試合が進むにつれ、辰吉さんの試合への集中、執念を感じ取り、二人のことを応援していました。
大変、最期までさわやかな解説だったと、改めて観て感じました。
それだけに、BGMが非常に耳触りで、残念だったのです。

TBSは、露骨です。
ドキュメンタリーに余計な演出は不要です。
それが、観ている方を冷めさせるということを解らないのは、放送関係者として無能であることを表しています。

しかも、普通、野球の生放送で、次の番組の宣伝にキャスティングされた俳優が、コメントするのでもいやらしいのに、過去の試合でそれをするのは言語道断です。
これまでも、試合が始まる何時間も前から放送を始め、過去の試合や練習風景を延々と放送し続けたりして、数々の投書を受けてきたのにもかかわらず、全部の番組をダメにするように思います。
MR.BRAIN、記録的な視聴率は話題でしたが、それと同じくらい、いやそれ以上に、えげつない番宣も問題になったはずです。
もっと、批判を真摯にとらえてほしいものです。
やらせのTBS、いつまでもこのレッテル外せないですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved