生活〜namakatsu

 
 

今夜のアクセス

  1. 23:57:57
久しぶりにアクセスに投稿しました。
今夜のテーマは・・・
『東京都などでは明日から、自転車の傘さしやケータイは5万円以下の罰金。
 罰則の強化で、自転車のマナーは向上すると思いますか?』

私は、罰則強化に賛成しました。
マナーを徹底させるのには、罰則強化も一つの手段です。
そして、自転車専用道路、駐輪施設など、施設の充実も必要です。
また、あまり触れられていませんが、舗装道の自転車が走る位置は、工事等で凹凸が激しく、さらにその工事や違法駐停車が最も障害です。

実は、今夜のアクセスに三度目の登場をしてしまいました。
もしかして、とは思っていたのですが、最後に登場させていただきました。
ロードバイクに乗って、いろいろ体験したことを話しました。
渡辺真理さんもトーク・パーソナリティのノンフィクションライター、藤井誠二さんも、丁寧に意見を聴いていただきました。

通常は、バトルトークということで、リスナー二人ずつの構成なのですが、私は、ただ一人でお話をさせていただき、久しぶりに言いたいことを整理してお話しすることができました。

モラルがどんなに崩れているか、説明しました。
逆走、並走、子連れの保護者の無責任な独走など、まともにルールを徹底している側の安全性がどれだけ損なわれているか。

また、車道での自転車の立場も具体的に例を示して話しました。
必要以上の幅寄せで、ペダルの反射板が剥がれてしまった話、さらにペダルが歩道との境界の突起部分に当たって割れてしまった話をしました。

自転車を取り巻く環境は、予想以上に荒廃しています。
これをどれだけ周知し、そして、全てのサイクリストにマナーを守ることの必要性を持っていただくかが、今後の自転車を歩行者、自動車などと同様に、道路の利用者として認知していただく手段だと考えます。

これが、徹底されなければ、蝙蝠と同じ。
哺乳類にも鳥類にも入れてもらえない状態です。
参考ですが、蝙蝠は哺乳類です。
自転車は、軽車両ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

婚カツ!は10.5%

  1. 15:53:36
実は私も録画してました。
結局、生で観ない、生で観る必要性がないドラマだったのでしょう。
話の筋が悪いとは思いませんが、あまりに意外性がないドラマでした。
意外性ばかりで押し通した「BOSS」、こちらは最終回視聴率20.7%だったので、その半分です。

もう7月開始のドラマの宣伝が始まっています。
Yahooでは、どのドラマに一番興味があるかなどの、アンケート調査も始まっています。
ドラマを観る時、キャスティングに興味を持ちます。
最初は、知っている人を観ることを目的にしていても、観ているうちに、新しい人を見つけるのも楽しいものです。
「婚カツ!」で私も注目した人がいました。
大友みなみさんです。
クールビューティって感じですね。
りょうさんや上戸彩さん、釈由美子さんほど出番はありませんでしたが、キチンと存在感があった気がしました。
合気道で、区長のピンチに対応された回、橋爪さんが作成された企画書を区長にお渡しされた回。
大友さんを調べると、モデルさんのご出身で、27歳、オスカーですね。

最終回を観ていて、初めて知ったのは、主人公の中居さんの母親が、戸田恵子さんだったこと。
それ以外は、全てオーソドックスな展開でした。
意外性がないのもここまで徹底的だと、録画を観ていても面白さに欠けた気がしました。
地主の方が、商店街の土地を売ることを取りやめた理由が、すごく曖昧だったのは、この視聴率に表れてしまったような感があります。
残念な作品でしたね。

次の作品「ブザービート」は、山下智久さん、伊藤英明さん、相武紗季さん、北川景子さんなどのご出演で、完全に視聴率を取りに来ていますね。
今日のいいともでも、永井大さんが、番宣してました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

重いテーマですが

  1. 13:39:02
今、国会で審議されている臓器移植法の改正法案。
人の死を脳死をもって判断するこの法案、どこか変な理屈づくりだと感じます。
人それぞれに一つずつ与えられている臓器を他人に移すのには、生体間でなければならないのに、脳死の段階で死とみなし、臓器を移すのは、実際には、臓器を失う方は、臓器を摘出される段階で死ぬことになります。

幼い命を救うためとか、沢山の資金を募り海外に移植手術を受けることをなくすためとか、理由をつけています。
しかし、脳死になった子供の親が、その子の死を認め、さらにまだ心臓の鼓動が止まっていない我が子の臓器を見知らぬ他人の子供に移植するために、手の施しようがなくなった子供の臓器移植を認めることがあるのでしょうか。

死を認め、さらにその臓器を必要とする他人に提供してあげようという考え方が、日本人にあるでしょうか。
自らの臓器提供に関する話と、自分の子供の臓器提供では、かなりステップが上がってしまいます。
自分の愛する子供の臓器です。
この法案が成立しても、現実的に適用されるケースが、少ない気がします。

人には寿命があります。もっと広い言い方をすれば、天寿があります。
寿命とは、老衰の場合を想定していると思いますが、天寿とは、それに加え、事故死、病死まで、全てひっくるめていると思います。
医学が進歩して、治療法、クスリなど、病気でも事故でも、昔より治癒したり、延命するようになってきました。

でも移植は、その治療法の最終手段です。
二つある臓器を肉親に分ける、骨髄バンク、献血などはあっても、それを失うことで命を終わるような臓器の移植は、必要に迫られた場合に限ると思います。

突然の事故で脳死になった時、そのことを受け入れることも難しい上に、絶命する手段を選択することは、厳しいと思います。
亡くなった方は、荼毘にふしてしまうので、その臓器は灰になるだけです。
それでも、この世に生を受けたときにあるものを、灰になる前に、ましてや心臓が動いているうちに、取り出してしまうのは、切ないものです。

仏教用語に「生老病死」という言葉があります。
生きること、老いること、病気になること、死ぬこと、これらが思い通りにならないこと、それを苦というそうです。
つまり「四苦」だそうです。

臓器移植を考える前に、今一度、この「生老病死」の「四苦」を考えるべきじゃないかと、思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

サイクリング〜14

  1. 23:16:13
天気が思いの外良かったですね。
昨日の予報外れました。
そこで、職安に行ってきました。
もちろん、いつもの墓参りにも行ってきました。
今日は、一社のみ紹介していただき、書類発送を済ませたのは、午後一時でした。

実は、アイウェアを探していました。
解りやすく言えば、サングラス。
先週末も今日も、夏の日差しですよね。
紫外線は、白内障の原因になると訊きます。
また、眼鏡をかけて自転車に乗っていますが、スポーツ用のものが、欲しいと思っていたのです。

しかし、帽子も眼鏡も基本的に似合わないので、苦労します。
また、スポーツ用のサングラスは、余り通常の店頭にはありません。
春日部の知る限りの店舗を回ってきたのですが、ほとんどおいてないんです。
自転車屋さんで訊いても、メガネ屋さんで購入してくださいと言われました。

この六週間、探しました。
AEON越谷レイクタウンでも探しました。
KAZE館で、大きな自転車屋さんがあったので期待したのですが、そこでも見つかりませんでした。

こうなると、もうネットで探すしかないと思いました。
でも、かけてみて選びたかったし、何より度つきのものが欲しかったのです。
ネットで可能な限り近くの専門店を探す方法を取りました。

そして、昨夜見つけました。
場所は、谷塚駅の近く、「サングラスミュージアム」です。
先週の土曜日に、八潮まで行っていたので、草加の次の駅の谷塚は、行けそうです。

出発は、午後一時でしたが、三時前に着きました。
片道24キロくらいの道のりです。
お店の細木さん夫婦は、大変親身にサングラスを選んでくださいます。
社長さんは、HPで見るよりもお若く、とても丁寧に検査をしてくれました。
アドバイザーの方も、サングラスの度をつける件、レンズの選択方法と、こちらが理解できるように、実演してくださいました。
サングラスのようにカーブしているところに度をつけるのは、職人技ということを、HPやブログを見て理解できました。

アイウェアは、来月末に完成予定です。
すごく楽しみが増えました。
初めてのサングラスです。しかも、度つきで最高の視界が確保できるのです。
良いお店に辿り着くことができました。
帰りには、お店の方が三人で、見送ってくださいました。
私が皮膚病で、日焼けをあえてしている件を話すと、栃木県の川治温泉のことを教えてくださいました。

ロードバイクを乗り始めてまだ日が浅いことを話しますと、サイクリングチームのお話や、水分補給の大切さのお話など、アドバイスをいただきました。
入り口前には、ロードバイクなどを駐輪できるように、三台分の車輪をかける場所があります。
お店の方のお優しい接客で、癒されました。

http://www.megane-port.com/index.html

帰りは、AEON越谷レイクタウン店に寄り道し、バーガーキングに行ってきました。
走行距離は、49.7キロ、帰宅したのは、午後6時になりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

サイクリング〜13-4

  1. 02:26:27
時刻は3時半。八潮から春日部に戻る道は、色々ありますが、産業道路を進み、松原団地のところで、旧国道4号線に行くことにしました。
写真は、松原団地、綾瀬川沿いにある「日本の道百選」にも選ばれた草加松並木遊歩道です。
川沿いに約600本、1.5kmの松並木が続いています。
周囲は公園として整備され、船運で栄えた宿場の面影を残します。

この旧国道4号線は、日光街道。
将軍が、東照宮に向かう道です。

私が八潮に住んでいた頃の松並木は、一時大気汚染などで、だいぶやられました。
今は、その松並木も綺麗に整備され、道は石畳のようにされていました。
ロードバイクにとっては、この石畳は乗りにくいものです。
途中、親子連れが、水浴びをしている場所もありました。
八潮の松ノ木小学校前の葛西用水でも、水浴びをしているのを見かけました。

ここを通ったのは4時近くでしたが、蒲生(越谷市)辺りから、渋滞してました。
渋滞している車の横を、DEFY3は、25キロ〜35キロくらいで快走できます。
5時過ぎには、自宅に着きました。
5時間以上乗りまして、走行距離は、60キロ以上になりました。
日に焼けまくりまして、体中火照っています。
弟が、久しぶりに来たのですが、彼は、ウォーキングに精を出しているそうです。
今日も、森下から草加まで歩いてきたと話していました。
このくそ暑い中、20キロ以上を歩く、恐ろしい男です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved