生活〜namakatsu

 
 

コンテンツ選び

  1. 11:54:25
台風3号が前線をすっかり刺激してしまったようで、連日曇り空。
時折雨も降っていますが、そんな中スカパーの「無料の日」をふと覗きました。
最初は、アニメの「るろうに剣心」と「Zガンダム」が目的のANIMAXを見てました。「Zガンダム」の方は元々、地上波で録画していたので、それの続きを綺麗に撮りたいと思い、見始めたのです。
すると合間に放映される「未来少年コナン」までつい見てしまい、次第にチャンネル契約を前提に考えるようになりました。

スカパーの場合、次の金額構成になっていると知りました。

初回のみ、加入料……→2,940円
月々は、基本料の410円に、チャンネル契約か基本パック契約かの選択が有るということ。

興味を抱き始めると、各チャンネルの番組の確認をし始めたくなりました。
「無料の日」とは言っても、常に右下部分に2週間お試しキャンペーンの申し込み案内が表示されていました。でも、録画するとその文字は表示されないので、保存するのには問題がないし、あとから録画したものを見れば、邪魔な表示がないのです。

そこで私は次のように考えました。
無料の日をギリギリまで見て、そしてお試しキャンペーンを体験してみようと。
無料の日の最終日が今月の10日だったので、9日にネットから登録してお試しキャンペーンを始めました。
ここでうっかりしたのが、最初は録画をするつもりで登録したのですが、誤って録画できるデッキのカード番号ではなく、テレビのカード番号を登録してしまったのです。するとカードを入れ替えてもダメだったので、仕方なく録画機の方のカード登録もしました。

期間は、今月の26日までと通知が着ました。
するとしくじった筈のテレビと録画機の登録が、逆にいっそのことこの期間中にあちこちのコンテンツを見てみようという考えに変わりました。

各局の番組表を見比べて録りたいコンテンツをチェックし、録画時間の3つ以上重ならない様にエクセルで録画番組のチェックをしながら、予約をし始めました。それまで録っていたレギュラーも有るので、それの合間を組み合わせるのが結構至難な業で、どれを選択しどれを諦めるかを決めて行くのです。
でも、テレビの登録もしているので、録画はせずとも番組をリアルタイムに確認することは出来ました。

「鬼平犯科帳」をBSで録っていたので、それの穴埋め録画をしたり、「剣客商売」やTBS版の辰巳琢朗さんの「浅見光彦シリーズ(全13話)」なども録ることにしました。
加えて丁度「極道の妻たち」の一挙放映もやってましたので、それももちろん録画することにしました。
「攻殻機動隊」、「北斗の拳2」、「ルパン三世」、「赤い疑惑」などまで加わり、ノーカット放映される映画も、字幕のもの、吹き替えのものなどを録ることにしました。

「大都会供廚筺峅兇燭舛侶章」など、松田優作キャンペーンだとか、勝新キャンペーン、田宮二郎さんの犬シリーズ、市川雷蔵特集だとか、本当に見たいと思わせるコンテンツが豊富でした。
最近ではほとんど地上波は観ず、空き時間が出来ると、CMカット編集とDVDへの転写ばかり。

CMカットが容易で、映画は全てノーカットなので、もう地上波で映画を見る気にはならなくなります。



今回良く解ったのは、HDの映像の美しさ。
HDの映像なら録画は「HL」レベルで十分綺麗に見ることができます。
そういう意味でも、有料コンテンツなんだなとしみじみと感じました。

チャンネルごとに料金が設定されているので、最初「ANIMAX」だけと思っていたのが、「時代劇専門チャンネル」も見たいし、「ファミリー劇場HD」などもツボでした。他のチャンネルも有るに越したことはないという実感も沸いてきました。

丁度、来月7月までキャンペーンで基本パックという45チャンネル見放題というパックが翌月半額(加入月無料)で、1,785円と言うので、今月無料というのは実質4日分がただというくらいですが、あとひと月を半額で楽しんで、再度7月中に検討したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://romio395iitomo.dtiblog.com/tb.php/2191-790fdaf5
 
 
亡き妻からのラブレター
亡き妻からのラブレター
ホームへ
ホーム
字幕テロップの姿勢
字幕テロップの姿勢

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved