生活〜namakatsu

 
 

字幕テロップの姿勢

  1. 03:34:46
前回に続き、今回もテレビネタになります。
スカパーの契約は、基本パックと言われるセットを選択することにしました。
東映チャンネル(CS218ch)、衛星劇場(CS219ch)などは含まれませんが、おおよそ見たい番組が網羅されています。

私が使っているHDD搭載ハイビジョンBDレコーダー(DMR-BW690-K)は、2番組同時録画ができるのですが、時間帯が重複するか否かをプラン立ててチェックするのにエクセルでも管理しています。
速報字幕テロップなどの時は、基本的に収録し直しという姿勢で録画しているのですが、再放送などの管理も結構難しいのです。

二時間ドラマなどは、過去の再放送を録画するのには、これまでBSのものを録るようにしてきました。それは、五月蠅く出ている近日放映の番組宣伝テロップなどを映したくないからです。十津川警部シリーズ(TBS)、赤い霊柩車シリーズ、浅見光彦シリーズなどは、特にフジの方は榎木孝明(第1作 - 第14作)のみ、TBSの方は辰巳琢郎(第1作 - 第13作)のみを録ることに決めています。
あとは日テレの水谷豊さんの8作のみ。

十津川警部_01赤い霊柩車_01

最近は、BS-ASAHIにて正午から土曜ワイド劇場の古い作品を放映していてそれもダブらないようにチェックしながら録っていましたが、如何せん画質が粗い。

連続ドラマの場合、池波正太郎さんの作品が好きなので、鬼平犯科帳、剣客商売などをBS-FUJIで録っていました。特に鬼平犯科帳は、中村吉右衛門さんのシリーズだけでも全9シリーズ有り、これまで第1シリーズの第2話〜第6シリーズの第8話まで収録してきました。残念だったのが、第1シリーズ第1話を録り逃した事だったのです。観たときはすでに放映開始された直後でした。それが今回スカパーを見たタイミングで偶然放映されると知り、無事録ることができました。今では、八代目 松本幸四郎版、丹波哲郎版も録り終え、萬屋錦之介版(放映時はテレ朝だったはず)の80年版の第13話まで録り終えています。

今回、スカパーに契約した理由は、萬屋錦之介版の81年版、82年版を放映していることと、吉右衛門さんの第8シリーズ、第9シリーズ、さらに剣客商売の放映が理由の一つでした。HDリマスターの画質の美しさが何と言っても魅力です。CMカットの煩わしさも気にすることなく、しかも字幕テロップは基本的になしです。こんなに嬉しいことは有りません。

さて、ここまでの内容は実はこのあとの話題の前振りです。

地上波って、なんでも字幕にしますよね。
ワイドショーやバラエティーでも字幕だらけです。
昨夜の様に選挙が開票されたときなどは、ニュースでやればいいことを、何の競争なの?と言う感じで、ドラマの中に平気で速報字幕入れてきたりする。
じゃあ、ドラマをお休みするか、時間帯をずらして放映してよと言いたくなるくらい字幕を無神経に入れてきます。

スポーツの結果もBSなどでやっていることをデータボタンも押していないのに字幕。知りたきゃ、データボタン押すなりネットで確認しますよと言いたい。
ましてや実際に放映最中の結果ですら字幕を入れてくる始末。
相撲の優勝の時など、今実際に見てるんですけれど…と言いたくなるし、ツイッターでもそういう抗議のつぶやきを良く見かけます。

地震など、震度1とか2とかでさえ流す始末。
地方のそのレベルの揺れを字幕出す意味は何?って感じます。
だから、サラメシなどの放映時は、字幕が出ないことがレアです。

サラメシ_01

昨夜は、極妻を録るのに、午後4時〜6時、宇宙戦艦ヤマトが午後5時〜30分、午後6時〜は通常BSの八重の桜と神社百景 GRACE of JAPANを録っているのですが、極妻は組長の佐藤慶さんが刺殺され、岩下志麻姐さんがギョッとするシーンで1分前。エンドテロップは?と思ったら、あっさり約数秒前に終了。やむなく八重の桜の収録は地上波の午後8時放映の選択をしました。
すると、都議会選挙の速報字幕が連続。がっかりです。これではドラマの視聴率が落ちるのも当然です。収録にも向きません。
BSの選択に朝ドラの様に再放送が有れば、間違いなくそちらを録りますが、ないので土曜の再放送を録らざるを得ません。
都合、45分の収録の為に3コマを無駄に消費するのです。
同じ時間にもっと録りたいのが有ったら、録画するのを辞めると思います。

八重の桜_01八重の桜_02八重の桜_03

実際、八重の桜は現在会津戦争の一番のヤマ場。
なのに、なんで選挙速報なんでしょう。
合間合間に、番宣繰り返すなら、その分本編でドラマだけに集中させる放映をすべきだと思います。本編に字幕入れまくって、番宣してるなんて馬鹿な所業だと思います。

選挙は、投票行為が大切な訳で、開票速報でそうした行為が誘発されるとは感じません。下らないネタバレスポット番宣を辞めて、選挙行為に向けるべく放送を事前にされることが重要な筈です。しかも、都議会議員選なんて、他府県からすれば、ウザいだけの選挙速報です。

朝ドラなど、日に何度もそして土曜に一括再放送するなら、金かけている大河ドラマをちゃんと見せる工夫をすべきです。
今は地デジ、データボタンが有るのですから、字幕で流す必要性を全く感じません。

最近では歴史秘話ヒストリアなどは、同時間帯放映の歴史発見 城下町へ行こう!(BS-ASAHI)とライバルたちの光芒(BS-TBS)の方を優先しています。
NHKの方は、BS歴史館の方が内容が充実しているので、そちらを見る様にしているのです。残念ながら地上波のコンテンツはこういう惨状なので、スカパーを契約せざるを得ない感じです。

地上波で見るのはもはやドキュメンタリー番組のみになりそうな気配です。

ちなみに八重の桜、会津戦争が終わったら、尚さんと離婚して全く前半とは違うドラマになるんでしょうね。あんつぁまこと覚馬さんも失明して表舞台の話では完全に超脇役になるんでしょうし。この先楽しめるのかって思いも有ったりはします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://romio395iitomo.dtiblog.com/tb.php/2192-c887947d
 
 
コンテンツ選び
コンテンツ選び
ホームへ
ホーム
幸手権現堂堤のあじさい祭り
幸手権現堂堤のあじさい祭り

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved